Parts04 Img 040

キッチン シンク お手入れ クオーツ製

キッチンのシンク素材にはいくつか種類があります。

・ステンレス製

・人造大理石製

・人工大理石製(樹脂製)

・ホーロー製

・クオーツ製

など

 

それぞれ特徴とメリット・デメリットがあります。

お手入れ方法も含めてご紹介します。

 

 

クォーツシンク

 

クォーツシンクとは、「クォーツ」(水晶)で作られたシンクです。

水晶成分が素材の約70%を占め、

残りの30%にはエポキシ樹脂を使っています。

高級感のある見た目と、高い耐久性を誇る新素材です。

お手入れも簡単で、

ほとんどの汚れは水とキッチン用中性洗剤で落とすことができます。

 

 

◇クォーツシンクのメリット

・汚れに強い

・衝撃に強い

・熱に強い

・高級感がある

 

◇クォーツシンクのデメリット

・価格が高くなる

 

 

◇日常のお手入れ 

※エプロンは材質が異なるため、

付属のメラミンスポンジ、クリームクレンザーは使用できません。 

 

①毎日のお手入れ ヌメリなどが気になる場合 

ウレタンスポンジ(食器用スポンジ) や布で、

水洗いまたは中性洗剤を つけて汚れを落としてください。 

 

②「茶しぶ」などの 水洗いで 落ちない汚れの場合 

付属のメラミンスポンジに水を含ませて、

汚れが気になる部分をこすってください。 

 

③「水アカ」などのがんこな汚れの場合 

ナイロンタワシ(研磨粒子なし)に水を含ませた後しっかり絞ります。

タワシにクリームクレンザー(粒子細)をつけます。(泡立てないでください)

汚れを中心に円を描くように やさしく磨いたあと、水で十分にすすいでください。 

 

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

CAPTCHA