入浴

バスタブの着色汚れ

今日のご相談は、入浴剤による着色。

 

 

バスタイムは身体の清潔をキープするだけでなく、

リラックスの目的も大きいですね。

 

湯船に入り手足を伸ばすと1日の疲れもほぐれます。

 

リラックスタイムをさらに楽しく演出してくれるのが

入浴剤。

 

しかしながら、

いつも同じ色の入浴剤を使い、同じ水位だと

バスタブに色が残ってしまうことが…。

 

 

着色汚れは

色素を分解する成分を使うと元通りになります。

 

手近なものではカビキラーがおすすめ。

 

カビキラーは黒カビの色素を

分解して白くしてくれる効果がありますが、

他の着色成分にもそれは有効です。

 

カビキラーを使う時は

成分をより浸透させるために、

バスタブをしっかり乾燥させておきましょう。

 

乾燥させたバスタブの着色汚れに

直接カビキラーを吹きかけて、

キッチンペーパーを湿布の要領で貼り付け

更にその上からまたカビキラーを吹きかけます。

 

その後2~3時間おいてから

様子を見て洗い流します。

 

カビキラーを使用する際は、

必ずゴム手袋などをはめて、

作業中はしっかり換気してください。

 

 

または、

表面の汚れを落とすのに、

メラミンスポンジも使えます。

 

水を含ませて軽く擦ると

洗剤無しでもきれいになることが。

ただメラミンスポンジは

柔らかいながらも研磨材が入っていますから、

バスタブの材質によっては

細かな傷をつけてしまうかもしれません。

 

力加減に注意して優しく擦る様にしましょう。

 

 

バスタブの汚れは

時間の経過と共に落としにくくなってしまいます。

 

入浴剤を使った日のお湯は溜めおかずに

すぐに洗い流すことで汚れ予防になります。

 

いつもきれいなバスタブでリラックスしたいですね。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

CAPTCHA