空きスケジュール+@

空きスケジュール+@

おはようございます。 横浜・川崎 ハウスクリーニングの「おそうじマスターズ」 いわかどです。   昨日は毎月恒例のホームページ改善MTG@横須賀でした。 偶数月リリースのニュースレターをサイトにUPしたり 毎月更新の月別キャンペーン更新したり・・・ ちょこちょこ追加変更を加える作業をしています。     山の上の古民家を改造したアトリエ兼事務所になっており 気持ちがいいので昼から夕方までの数時間があっという間!   庭の柿もすでにたくさん実っていて チョウチョやいろんな虫が集まっていましたが   スズメバチが柿の甘い蜜からづっと離れられなくなっているのを見て 若干、、ゾッとしました。 この時期はスズメバチに注意ですね~。   さて。   本日は朝から来店されるからも多かったので ようやく落ち着きました。   受付は石田&たまちゃん+わたしの3名体制!   来週全般まで予約いっぱいになっておりますが・・・ キャンセルや変更も発生しますので   お急ぎの方は諦めず、とりあえずご連絡いただければ幸いです!   取り急ぎ現段階の空き状況をまとめてみましたので ご参考にどうぞ。   0120-95-9803 info@osoujimasters.com    …

Read More
空きスケジュール速報+@

空きスケジュール速報+@

おはようございます。 横浜・川崎 ハウスクリーニングの「おそうじマスターズ」 いわかどです。   この時期、毎年恒例! スタッフだいちくんからの「かぼす」差し入れ。 さっそく昨夜は「麦焼酎+炭酸+かぼす」という組み合わせで 楽しませていただきました!!! だいちくん、ありがとう☆彡   さて。   本日は受付:石田&いわかどの2名です。   ちょろっとキャンセルが入ってしまったようで。。。 即対応OKな日もありますので   お急ぎの方はぜひ!!! 0120-95-9803 info@osoujimasters.com   【空きスケジュール】 9/30→2枠(終日・なべ@エリア応相談、16時・立田@麻生区のあと) 10/1→1枠(14時・だいち&大下@中野区からの移動) 10/2→1枠(8-9時・立田@世田谷区の前) 10/3→1枠(15時・だいち@横須賀市のあと) 10/4→2枠(12時・なべ@杉並区のあと、15時・深瀬&立田@中原区のあと)    

Read More
本日の空きスケジュール+@

本日の空きスケジュール+@

おはようございます。 横浜・川崎 ハウスクリーニングの「おそうじマスターズ」 岩角です。   おそうじマスターズの現場のメンバーは朝7時30分に集合し17-18時には退社というパターンが多いのですが 営業・広報担当の私は8時30分ごろに事務所に行き、昼以降は外を周り、19-20時頃に戻るパターンが多いので うっかりしていると、メンバーと個々でじっくり話をする機会を失ってしまいます。   そのため周期的(強制的?)に打ち合わせや会議の日時を確定しているのですが それでも、仕事ばかりだと柔らかいアイディアが出にくくなるので たまには外に一緒に遊び行くこともあります(単にワタシが行きたい場所に同行してもらうような時もありますが('∀`))     先週は店長・飯田君と時間を合わせて六本木へ!   日頃、車で各所に回ってますが電車だと元町中華街~日吉~武蔵小杉の往復をしているので 中目黒~六本木エリアはキラキラすぎて緊張が高まります(笑)   目的は私と飯田君の共通の趣味である「音楽」を楽しもうということで 有名アーティストの公演が目白押しで有名な「ビルボードライブ東京」へ!   当日は私たち2人が中高生であった90年代にファンだった NYのDJによるバンドセットによる公演でした。   音楽の詳しい話を進めるとかなり長くなるので割愛させていただきますが たまには別の場所で、日頃会わない人達と、好きな音楽を聞きながら 非日常を体験するのも刺激的で良いなと思いました!   ちなみに、そんな店長の飯田君   本日から毎年恒例の長期休暇に入ります!   おととしは九州1周。 去年は近隣だけでノンビリ。 今年は、   なんと   高野山で修行するとかしないとか?(笑)…

Read More
【おそうじコラム】飲食店・クリニックのガラスや床の汚れはハウスクリーニングでピカピカに!

【おそうじコラム】飲食店・クリニックのガラスや床の汚れはハウスクリーニングでピカピカに!

店内のクリンリネスは、集客にも影響する大切な要素のひとつ。 お店の印象をまず左右するガラスは人の手垢や雨、室外に舞う砂ボコリなどでとても汚れやすい場所です。 そして、ピカピカな床はもちろん、壁や天井など普段は見落としがちな場所も、お客様の視点からは大切なチェックポイント。お店の様々な設備を長く使い続けるためにも、定期的な清掃は欠かせません。 しかし、毎日の業務を行いながら、広い窓ガラスや床の隅々にまで、いつも清潔感を保ちつづけることは、簡単なことではありません。   ■レストラン、カフェ、居酒屋…お客様が快適に過ごせる空間づくり! たくさんのお客様が連日来店するレストランやカフェ、居酒屋の汚れは、放置すればするほど溜まってしまいます。 お客様がいちばん長い時間を過ごすフロアを快適に食事してもらえる環境に保つことはもちろん、光沢のあるテーブル磨きや、客席のスキマにたまった食べかすや、ゴミのチェックも欠かせません。 給排気口やエアコン周辺、飲食店の天井から下がった内装の装飾など立体部分もホコリや虫の死骸が溜まりやすく、定期的な除塵を行うことは異物混入を避ける上でも大切です。 また、普段の清掃で油断しがちなメニューや小物を置くコンディメントケース、レジカウンター周りの清潔感もお客様から見れば気になるポイントです。 お食事汚れで付着した床に染み込んだ頑固な汚れや、タバコ・カビのニオイが気になるエアコンの風。長年の油汚れが壁や天井、什器のスキマに蓄積した厨房・ダクト・換気扇・グリストラップ…。 飲食店の店内のクリンネスでお困りの際は、お掃除のプロ。ハウスクリーニングまでお気軽にご相談下さい! ■クリニック、美容院、エステサロン…清潔感が信頼を生む店内清掃 歯科医院や鍼灸整骨院は、フロアの清潔感が、お客様の信頼に直結します。たとえ普段は見えないスキマでもお掃除に手を抜くことはできません。 また、美容院、ネイルサロンやエステサロンなど美意識の高いお客様がいらっしゃる業種では、ガラスや鏡、床の磨き込みはもちろん、パーマ液や薬品のニオイなどが染み込んだ什器のクリンネスも欠かせません。 接客スペースや待合スペースの床、壁、天井、そしてソファ。 カーペット・フローリング ・タイル床などハード、ソフトを問わずフロア全体。背が高く、手の届きにくいガラスやショーウィンドウ、ブラインドのスキマの埃落とし。 お客様が長時間を過ごされる鏡の周辺はもちろん、受付カウンターの奥の空間も、お客様は見ています。 見える所はもちろん、見えない所も徹底的に清潔かつ快適な空間に保つことは、お客様や患者様がまた来たい、と思える、気持ちの良い空間を維持するためにも不可欠な要素です。 横浜・川崎を中心としたハウスクリーニングのプロ、おそうじマスターズでは、ハウスクリーンビングの現場に精通したスタッフが直接現場にお伺いし、無料でお見積・相談を承ります。 それぞれの業種に合わせたプロのお掃除テクニックで、お客様に信頼され、スタッフの皆様が快適に働ける環境を守るお店づくりをお手伝い。 日常清掃では行き届かない箇所の清掃・メンテナンスでお困りの際は、お気軽にご連絡ください!

Read More
【おそうじコラム】吹抜けの梁、窓ガラス…高所に積もった汚れの除去はハウスクリーニングへ!

【おそうじコラム】吹抜けの梁、窓ガラス…高所に積もった汚れの除去はハウスクリーニングへ!

吹き抜けのあるお家は、住宅展示場でも目を引く人気の物件です。 高いところにある窓ガラスから降り注ぐ日中の光を家の奥まで取り込まれ、土地の日当たりがあまりよくない立地にある、間取りが狭い家にも、広々とした開放感のある空間を作り出します。 そして、リビングから2階や3階の子ども部屋まで声を届けやすく、家中で家族の気配を常に感じるコミュニケーションを豊かにしてくれます。   ■吹き抜けのある大空間、メンテナンスは一苦労 一見良いことづくめの吹き抜けのあるお家ですが、いざ使い始めると不便な点も目立ってきます。 まず、空間が広くなる分、冷暖房の効率もがくんと落ちてしまうので、夏は暑く、冬は寒いのが難点です。 暖かい空気は、低いところから高いところへ流れます。 暖炉のない日本の家庭では、冬場に備えて強力なエアコンが必須になります。冬場に1階のリビングを暖房で温めると、その空気は2階部分へ流れてしまうので、下の階ほど温まるまで時間がかかります。 そして夏になると、室内の熱気はすべて2階、3階の部屋へと上がって行くことになり、上の階ではク常にクーラーが必須になることも珍しくありません。 夏の湿気をこもらせないためにも、天井にファンなどをつけて空気がこもらせない工夫が必要になるでしょう。 また、リビングとキッチンが隣接しているばあい、煙や臭いが高いところに上がってしまうのもデメリット。リビングの声が2階や3階まで筒抜けになるのも、子どもが大きくなるにつれ、プライバシーの面から不満にもつながることも。 特に2世帯住宅では生活時間帯が異なるので、お互い気を使う場面も生まれます。 ■快適な空間づくりには、定期的なお掃除が大切です しかし、高い天井を見上げながら寛げるリビングと、家族の絆を深める間取りには、こうしたデメリットを補ってあまりある魅力があります。 開放感に溢れた快適な空間を守るには、定期的なクリンネスが大切です。 吹抜けの最大の弱点は、お掃除とメンテナンスの大変さ。 高所から吊るしたオシャレな照明やファンは、ちょっとしたメンテナンスにも一苦労。 ホコリを落とすのも大変ですし、設計によっては電球を交換やちょっとした接触不良がおきても、毎回専門業者を呼んで見てもらうことになります。 また、高所にある窓の掃除は見た目以上に大変なもの。 梁やキャットウォークのホコリや虫の死骸も、そのまま放置していれば、お部屋の空気を汚してしまう原因になります。 とはいえ足場の不安定な脚立の上でお掃除するのは大変危険です。 高所にある窓や、手の届かない梁の掃除は、ハウスクリーニングのプロにおまかせ下さい。 明るい部屋にさわやかな風が入る心地良い空間を、「おそうじマスターズ」がお届けいたします。 まずはお気軽にご連絡ください!

Read More
【おそうじコラム】お部屋の天井が汚れは、どうやって落とすの?プロ流お掃除テクニック

【おそうじコラム】お部屋の天井が汚れは、どうやって落とすの?プロ流お掃除テクニック

天井の汚れ、とくにキッチンの天井は、油汚れが溜まりやすくてお掃除が大変なポイント。 何度も脚立を昇り降りしながら、上を見上げて乾拭きするのは大変です。 そこで、天井に薄っすらと積もったホコリを落とす便利なアイテムと、しつこいヤニ汚れ、油汚れを落とすためのチェックポイントについてご紹介します。   ■天井の埃落としは静電気でやさしく吸い寄せましょう ホコリは床や家具の上だけでなく、天井にもうっすらと付着していきます。 ホコリはカビの大好物。天井の角や目地のスキマに入り込んだ汚れを放置していれば、空気中の湿気や脂分を吸い込んで黒ずみの原因になってしまうのです。 とはいえ、手の届かない天井の汚れを脚立を使って拭き取るのは大変ですし、普通のほうきやはたきを使ってホコリを落とそうとすれば、部屋の空気中にホコリが舞ってしまいます。 天井のホコリ落としは、下に落とさないように拭き取る工夫が重要です。 そこでオススメなのが、ナイロン製のハタキです。 掃除の前、ハタキを振っておくと、静電気が発生します。ハタキでホコリを落とさないように静電気でホコリを引き寄せるながら、ゆっくり、やさしく天井をなでるように掃除しましょう。 使い古しのストッキングも、ナイロン製のハタキと同じように使えます。 天井をこすって傷つけないように、布団はたきや厚紙で作ったパイプなどの先に古ストッキングの束を巻きつけて、輪ゴムや毛糸で縛りましょう。 ■しつこいヤニ汚れは「重曹」が大活躍! お部屋の上に、上にと昇る煙草の煙は、天井に蓄積してヤニ汚れとなります。 ご家族に愛煙家の方がいらっしゃるご家庭や、オフィスの喫煙所、お店の喫煙席の天井や壁が、黄色く変色してしまっていることもあるでしょう。 黄色いヤニ汚れを起こす主成分は、油性の「タール」。 基本的には水溶性なので、使われているクロスの素材が表面にコーティングされている水を吸わないビニールクロスなどであれば、アルカリ性の「重曹」を溶かした水溶水で水拭きすればかなり落とせます。 とはいえ、長年蓄積し、変色を起こした天井や壁をキレイにするのは至難の業。 しつこい汚れを落とすためには強い力で何度も吹くことが必要になりますし、色ムラになってしまうとかえって汚れが目立ってしまうので、何度も脚立を昇り降りしながら、チェックする必要があります。 また、下の床や家具、家電に洗剤が垂れないように新聞紙やビニールシートで養生も必要です。 また、天井の材質が木材など水を吸収する素材の場合は、水拭きするとかえってヤニの染み込みを招いたり、素材自体が歪んでしまうこともあるので、素材に合わせたお掃除技術が必要になります。 天井のヤニ汚れやキッチンの油汚れが気になったときは、ハウスクリーニングのプロ・おそうじマスターズまでお気軽にご相談下さい!横浜・川崎を中心に、無料でお掃除のお見積を承ります。

Read More
【おそうじコラム】ガラス周りの結露の放置はカビの繁殖の原因!カビ対策とお掃除方法

【おそうじコラム】ガラス周りの結露の放置はカビの繁殖の原因!カビ対策とお掃除方法

冬の間、カーテンを閉めっぱなしにしがちな北側の窓。 暑くなってきたので開けようとしたら…窓ガラスやゴムパッキンに黒いぶつぶつが! 窓のない浴室や、結露の多い北の窓。そんな湿気の多いところに、発生する『黒カビ』。 タイルや窓ガラスのちょっとしたカビなら、泡タイプのカビとり剤で拭き取れますが、でも、ゴムパッキンなどについてしまった黒カビはなかなか除けませんね。 今回は、しつこいカビの対策と、ゴムに付着した黒カビのお掃除方法をご紹介します。 ■冬場の結露としつこいカビの原因と対策 そもそも、窓の結露はなんでおきるのでしょう。 結露の主な原因は、「室内の湿気」と「外との温度差」にあります。 水の入ったコップの表面に水滴がついたり、眼鏡が急にくもってしまうのも同じ理屈です。 そのため、窓の結露を防ぐには、定期的な換気が重要になります。 カビは風通しの悪いところを好んで発生するので、室内の空気を入れかえはカビ対策にも一石二鳥といえます。 窓ガラスに付いたカビは水拭き、または家庭用のスプレー式中性洗剤でほとんどの場合キレイに落とせますが、とにかく困るのが、ゴムパッキンについたしつこい黒カビ。 せっかくキレイにお部屋を掃除しても、窓の周りの黒いカビがあっては台無し。そのまま放置していれば、カーテンや障子にまで広がってしまう恐れもありますし、アレルギーの喘息の原因にもなりかねません。 カビの発生には、25℃~30℃の温度、80%湿度以上の湿度の環境が適していると言われています。 そしてもうひとつ、カビの発生に必要になる条件が、栄養素です。 木材、皮、天然繊維などに限らず、埃や接着剤、窓や壁に付着した人間の皮脂も、カビの栄養になります。 冬場の暖房のきいた室内で、結露と埃の溜まった窓ガラスのゴムパッキンは、カビの発生には絶好の好条件が揃ってしまっているのです。 ■ゴムパッキンの黒カビ対策!カビ掃除のポイントは「汚れ落とし」と「殺菌」 何度水拭きしても同じところに生えてくる、しつこいカビ。 黒ずんだカビの汚れを落とすポイントは、「殺菌」と「汚れ落とし」。 カビは菌なので、掃除とあわせてしっかり殺菌することが必要です。 ご家庭でできるカビ取り用の洗剤と言えば、お風呂掃除などで活躍するカビキラー。 ですが、窓ガラスのゴムパッキンの場合は洗い流すことができないので、使いづらいのが悩みどころです。 ちょっとした黒カビを落とすなら、キッチンハイターなど塩素系漂白剤が活躍します。 100円ショップなどに売っているプッシュ式のスプレーに原液を入れて吹き付けて乾いた雑巾で拭えば、かなりのカビを落とせます。使用の際は、手肌を守るためキッチン用のゴム手袋も忘れずに準備しましょう。 また、塩素系漂白剤にはゴムを劣化させてしまう性質があるので、長時間放置せずに拭き取ることが大切です。 それでも落ちないカビの対策には、大きめのホームセンターなどで売っている、ゴムパッキン専用のカビキラーがおすすめです。 ジェル状の粘液を細いノズルで塗りつけて、しつこいカビを狙い撃ち!刺激臭も少ない優れものです。 軽く水で濡らしたキッチンペーパーを上から貼り付ければジェルが流れ落ちるのを防げます。 ただし成分も強力なので、他の洗剤と混ぜないようにくれぐれもご注意ください。 使用するときは換気を心掛け、肌につかないようにゴム手袋を準備しておきましょう。

Read More
【おそうじコラム】100均グッズでおしゃれに片付け&収納!お掃除ラクラクお部屋づくり

【おそうじコラム】100均グッズでおしゃれに片付け&収納!お掃除ラクラクお部屋づくり

お手軽に掃除できる部屋づくりの基本は、フラットな面を保つこと。 汚れに気付いたときにサッとホコリを払うだけでお掃除ができれば、忙しい日常の中でも清潔なお部屋が保ちやすくなります。 逆に、床や家具、キッチン台の上に直置きしているものが増えれば増えるほど、毎回片付ける手間が増え、お掃除が面倒になってしまうのです。 とはいえ小物を収納する家具は、安いものではありません。 そこで今回は、100円均一のグッズを活用したオシャレな収納アイディアの数々をご紹介します。 ■キッチン周りの小物の整理は、「吊るす」収納で空間確保! フライパンや鍋な、食器に調味料。 限られたスペースに、形の違う小物が雑然と並ぶキッチン周りは、収納場所の確保に悩みます。 キッチンの狭い空間を最大限に活かす収納のポイントは、壁面のデットスペースの活用法。 使用頻度の高い調理器具を、壁面に吊るして置けるように配置できるように工夫したいところです。 とはいえ賃貸住宅では壁面に釘やネジで傷をつけることはできません。 そこで大活躍するのが、100均で売っているスチールフェンスやフックです。 強力な吸引力でタイルに貼り付くフックや、壁面を傷つけない両面シールが付いたフックを、重量に耐えられるように少し多めに付けて、スチールフェンスを掛ければ、そのまま壁一面が便利な収納スペースに早変わり! 100均では、たくさんの形状のスチールフェンスとフックが売っています。 スチールフェンスにかけられる小物入れも用途に合わせた様々な形のものがあるので、散らかりがちなサランラップや調味料、スポンジや食器洗剤にも、それぞれがスッキリと片付くピッタリな収納場所が作れます。 ピーラーやフライ返し、お玉など、壁面のスチールに掛けると壁に水分がついてしまう調理器具は、上から「吊るす」100均グッズの活用がオススメです。流しの上にある収納棚の下の面や、換気扇のカバー周りも、S字フックを使えば広々とした収納場所に早変わり! また、横置きにすると場所を取ってしまうお皿も、ブックスタンドやファイルケースをディッシュスタンド代わりに立てて収納したほうが取り出しやすくなります。 なるべくシンクの上に物を置かないように収納場所を工夫すれば、毎日の料理の後にサッと乾拭きするだけで、すっきりとした清潔感を保てるキッチンに生まれ変わります。 ■散らかり放題の子供部屋も、100均グッズで片付け上手! ホコリやカビは、喘息やアレルギーの原因。 小さな子供たちのいるお部屋は、お家の中でも一番清潔に保ちたいところですよね。 100均グッズは散らかりやすい子ども部屋のおもちゃ収納でも大活躍します。 カラーボックスの引き出しは、100均で買える便利な収納グッズの大定番。 でも、カラーボックスは縦位置でも横位置でも底が深くなるので、一つの収納BOXにたくさんのおもちゃが入る分、下にあるおもちゃを探すのが一苦労。結局すべての玩具をひっくり返して散らかしてしまいがちです。 そこで便利なグッズが100均に売っている可愛い巾着袋。 普通の巾着袋の前面を一部切り取って、洗濯ネットや透明なビニールなどで中身の一部が観えるようにしてあげると、しまいこんだ玩具を探すのも便利です。 巾着袋を多めに用意してあげれば、ぬいぐるみやアクセサリーも巾着袋にどんどんしまうだけで片付けラクラク! すぐに目に見えてお部屋がきれいになるので、お子様自身が楽しく片付けできるようになる習慣づくりにもお役立ち。 小分けにした巾着袋を、大きめの収納ボックスに入れておけば、お部屋の床面をいつもスッキリとお掃除しやすくなります。

Read More
今週の空きスケジュール+@

今週の空きスケジュール+@

おはようございます。 横浜・川崎 ハウスクリーニングの「おそうじマスターズ」岩角です。 今日は朝からニュースで業界大手「おそうじ本舗」が海外の投資会社に買収されたり。 家事代行サービスも特区で外国人によるサービスが本格稼働の準備中。 とか、、、同じ業界の最新情報が出てきております。   まぁ、私個人としては、夏から可愛がっていた「カブトムシ」が終焉。 ということで、 生き物を買う以上、自然の摂理には逆らえないと理解しつつ、寂しい思いをしました(´;ω;`) しかし、複数の卵と幼虫が土に潜んでいるので 来年の夏に向けて成長を楽しみにしたいと思います。   ちなみに、いつも営業で利用している(昔は現場でも活躍)「キャノピー号」が現在入院中(修理中)です。   事務所前にいつも鎮座しているので これをみて「岩角不在?」を確認している人もいるようです(笑)   結構な距離を走っているし、古いので新品にしてしまえばいいのですが、、、   このバイクには愛着があるので、できるだけ直して使い続けたいと思います!!!     さて。 本日は火曜日ということで若干スローなスタート。 今週は金曜に遠方で組んでたアポが流れたり・・・で、キャンセル枠がでておりますので 是非ご検討ください!   受付は石田&イワカドです。 0120-95-9803 info@osoujimasters.com https://osoujimasters.com/contact   【空きスケジュール】 ※本日「SNSみた」で最安保証となります!!!   ・9/29→3枠(8-9時@磯子区の前、15時2名@港南区のあと、15時1名@麻生区のあと) ・9/30→3枠(終日2名@エリア応相談、終日1名@エリア応相談、15時@宮前区のあと) ・10/1→3枠(12時1名@神奈川区、15時1名@江東区のあと、15時2名@中野区のあと) ・10/2→2枠(終日2名フリー@エリア応相談、8-9時1名@世田谷区の前)

Read More
【おそうじコラム】「お掃除道具の選び方」お家の家具やオフィスの什器は素材に合わせて!

【おそうじコラム】「お掃除道具の選び方」お家の家具やオフィスの什器は素材に合わせて!

木製、革製、布製…。家具と一口に言っても、テーブルやソファー、収納器具など使われている素材はさまざまです。 様々な材質で作られている家具や什器は、それぞれお掃除方法やお手入れのポイントが変わってきます。 オシャレな白木や無塗装の家具を水拭きしたら、表面にシミやムラを作ってしまったご経験のある方もいらしゃるのでは。 そこで今回は、お気に入りの家具を末永く使い続けるための、素材に合わせたお手入れのポイントをお伝えします。 ■種類を問わず、お手入れの基本になるのは「清潔な雑巾で乾拭き」! 皮張りのソファーや木製のテーブルの汚れに気がついたとき、まずはどんなお掃除を思いつきますか? あらゆる材質を問わず、家具の大敵は「湿気」や「水分」。 水や薬品が染み込みにくい鏡面仕上げやウレタン塗装で仕上げられた家具を除けば、家庭用洗剤や水分の染み込みが素材を痛めてしまったり、色ムラを起こす原因となることもあります。   また、ホコリをしっかりキャッチしてくれる化学雑巾やモップも、もともと染み込ませてある薬品がシミを作ったり、変色させてしまうこともあります。   そのため日常的なお手入れでは、清潔な雑巾を使ったカラ拭きが、どんな家具でも安心なお掃除の基本になります。   飲み物や食べ物をこぼしてしまった時には、雑巾自体が汚れていると、その汚れが水分を通じて家具に染み込むこともあります。 汚れやホコリを見つけたらすぐにカラ拭きできるように、家の中で家具のあるお部屋には、いつも清潔な雑巾を手に取りやすい場所に置くように心掛けましょう。家具を傷つけないように、柔らかくて毛羽立ちにくい布で出きた雑巾がベストです。   ■ご家庭の中性洗剤は家具には強力!充分に薄めて使用しましょう。 それでは、通常のカラ拭きだけでは落ちない汚れのお手入れはどうしたらいいでしょうか。   ご家庭用の中性洗剤はかなり強力です。 表面が塗装やコーティングされている木製家具でも、ぬるま湯で200倍程度に薄めて、薬品が家具に染み込まないように注意しましょう。 汚れを拭った後、放置すれば薬品が染み込み、大切な家具を痛めてしまいます。 最期には忘れず、十分なカラ拭きで水分を落としましょう。   桐など白木製のタンスや無垢材、無塗装家具で汚れが目立つ場所に中性洗剤を使うなら、500倍以上に薄めたものを。 使用した後には、洗剤が残らないように、固く絞った雑巾で水拭きを。最期にカラ拭きして、水分も残さないように充分に自然乾燥します。   革ソファーのお手入れの基本は柔らかい布のカラ拭きです。 汚れが目立つ前に、週に一度は全体をやさしく拭えば美しい光沢を保って末永く使用できます。 革製の製品は化学薬品によって痛みやすいので、どうしても水拭きが必要なときは洗剤の使用を避け、ぬるま湯にひたした雑巾を固く絞って軽めに水拭きを。 乾燥の際もドライヤーやストーブに当てず、風通しのいい場所で自然乾燥させて下さい。

Read More