オーニングのお手入れ

オーニングのお手入れ

今日は、レストランからオーニング清掃のご依頼。   オーニング(AWNING)とは、 「日よけ・雨よけ」を意味する英語で、 一般的には建物の開口部に付く、 「日よけ用(可動式)テント」を指します。   オーニングには以下の利点があります。   ・直射日光をキャンバスが受けとめ、 やわらかい自然光をつくってくれます。 ・突然の雨から洗濯物、草花やペットを守ります。 ・クーラーの使用を抑え、 冷房代を約3分の2節約できます。 また、冷房病も予防してくれます。 ・紫外線の退色作用から、 室内の家具・調度品を守ってくれます。 ・屋外からの視線を防ぎ、プライバシーを保護します。 ・庭やバルコニーに設置すれば、 室内から延長された新しい居住空間を作ってくれます。 ・窓辺を個性的かつカラフルに彩り、 建物のグレードやイメージをアップしてくれます。 ・赤外線による室温の上昇を抑えます。 ・カーテンやブラインドと異なり、 室内からの景観をさまたげません。     最近のオーニングのキャンバスは、 UV効果や遮熱、防水加工などはもちろん、 防炎、防汚加工されているものがほとんどです。   だからといって長期間放置していると、 雨や風によってその加工の効果も少しずつ衰え、 汚れが目立つようになってしまいます。   そこで定期的なお手入れが必要となります。     オーニングのお手入れ方法  …

Read More
花粉症対策に加湿器

花粉症対策に加湿器

雨が降った日は花粉症の症状が少し和らぎますね。   それは、雨粒に当たって花粉の粒子が重くなり、 花粉が飛散せず空気中に舞い上がらないため。    加湿器を使って湿度を上げ、  部屋の中を雨の日のような環境にすると、  空気中の花粉が飛散せず、 症状を抑えることができます。     加湿器を40~60%に設定すると、 花粉が水分を含んで床に落ちるので くしゃみや鼻水が治まります。   また、加湿すると空気が潤うので 目や鼻の乾燥を予防して、 ショボショボするのを防ぎます。    加湿器を使用した後は、 床拭きモップまたはフィルターの細かい掃除機を使って、 床に落ちた花粉を除去しましょう。    ただし、加湿器の設定温度が60%以上になると、 カビ、ダニ、結露などの有害物質が繁殖するため 注意が必要です。   花粉症にお悩みの方は、ぜひお部屋に加湿器を。  

Read More
タイル目地の補修

タイル目地の補修

今日のご相談は、タイル目地の補修について。   「目地(めじ)」とは コンクリートブロックやタイルを並べた際にできる、 すき間や継ぎ目のことを指します。   そして「目地材(めじざい)」は、 目地を埋めるものです。     目地材には緩衝材の役割や、 見た目をキレイにする役割があります。   貼り付けたタイルの目地には、 「タイル目地材」を使用しましょう。   目地材は肌荒れする場合があるため、 ゴム手袋を着用しましょう。   また屋内で使用する場合はマスクを着用して、 換気しながら作業を行ってください。   目地材は水と混ぜるタイプが使いやすく、 初心者にもおすすめです。   水と目地材を混ぜる際は、 分量をきちんと計量します。   水と目地材を混ぜるときは、 少しずつ水を加えるのがポイントです。   練り込みで仕上がりに差が出るため、 水と目地材はしっかりと練りましょう。     目地材の塗り方と手順 事前に目地材を塗らない場所は、 マスキングテープ(躯体用)を利用して保護します。   目地材を塗る際は、ヘラを使用します。…

Read More
ムートンラグのお手入れ

ムートンラグのお手入れ

冬暖かく、夏涼しく過ごすことができるムートンは 1年中使用でき、 1度使うと手放せなくなる不思議な毛皮。   日頃のお手入れは、こまめな掃除機がけ。   毛足の長いムートンの場合、 奥までホコリが入り込んでしまうと取り除くのが難しくなるので、 出来れば定期的に。   掃除機後はブラシ(ムートン用もしくはペット用)で毛並みを整えます。 月に1~2度は陰干しをしましょう。   どうしても洗いたい場合は下記要領で。   ①初めに毛の部分のゴミやホコリを十分落として 強めのシャワーを当ててよく濡らして下さい。 ②次にご家庭でお使いのシャンプーとぬるま湯とを 混ぜ良く泡立てて下さい 液を多めに作り、ムートンにたっぷりとかけて下さい。 ③揉み洗いするように泡立てながら丁寧に洗って下さい。 汚れのひどい場合はブラッシングしてください。 ④手で揉み洗いが終わったら シャンプーが完全に落ちるまでシャワーで流して下さい。 ⑤よく絞ります。足で踏むと水気がよく切れます。 ⑥シャンプーを洗い流した後、 ムートンの毛と皮に脂分を保ちふっくらさせるために リンスをします。 リンス液をぬるま湯で薄めておきます。 ⑦なでるようにしながら、 ムートンにゆっくりとリンス液を含ませていきます。 ⑧リンスは完全に流してしまわず、軽く落とす程度で。 ⑨水気をよく切ります。 脱水機にかける場合は毛が痛むので20秒程度。 ⑩あとは風通しの良い所で陰干しをしてください。 このとき、皮を上にして干すと乾きが早いです。 7割ほど乾いたと思ったら、 毛だまになるのを避けるためブラッシングをします。 完全に乾いたあとで さらに仕上げのブラッシングをし、毛を整えてください。…

Read More
学校における光触媒

学校における光触媒

今日は小学校から光触媒の問い合わせ。     光触媒の発見当初は、紫外線のみ反応していたため、 外壁塗料としてのイメージが強いですが、 近年研究が進み、室内の照明にも反応するようになり、 室内でも使用することが可能です。     室内で光触媒を使用するメリットは4つ。     消臭効果 光触媒には、二酸化チタンという成分が含まれています。 この二酸化チタンが紫外線や蛍光灯などの光が当たると活性酸素を生成され、 接触する臭いの原因の物質を吸着して水と二酸化炭素に分解して除去します。 タバコの臭いやカビ臭、靴の臭いなど 気になるニオイを分解してくれる作用があります。 室内のニオイそのものを分解してくれるので、 室内のニオイが、まさに「なかったこと」にできます。     有害物質の分解、除去効果 室内のアレルギー疾患の原因として 建材や家具から揮発する「ホルムアルデヒド」と言われる有害物質も、 光触媒コーティングが分解して、除去する効果があります。 光触媒はシックハウス対策にも効果的です。     抗菌・防カビ効果 光触媒は消臭効果に加えて、 ノロウイルスやインフルエンザ、大腸菌、サルモネラ菌、 カビ菌などを分解して除去する効果を持っています。 汚れなどの付着も触媒によって防ぐことができるので、 水回りなどのカビが生えやすい場所にもおすすめです。 予め室内に光触媒コーティングを施しておけば、 カビに悩まされる梅雨の時期も安心。     防汚効果…

Read More
賃貸住宅の原状回復

賃貸住宅の原状回復

今日のご相談は、原状回復について。   今日中に退去しなければならない、とのことで 急遽山口Aが対応。     借主は貸主に対し、 借りていた部屋を元の状態に戻して返す 「原状回復義務」を負っています。   原状回復とは、 「借主の責任によって生じた損耗やキズなどを 復旧すること」です。   2020年4月の民法改正により、 借主が負わなければならない義務の範囲が 法的に明確になりました。   普通に住んで自然にできる汚れや損傷は、 借主の責任ではありませんが、 借主の故意や過失によって生じた 破損や汚損などについては、 借主の負担となります。   主に以下のような場合です。 ・借主が鍵を紛失したことによる鍵の取り換え ・適切なメンテナンスを行わなかったことによる 設備の故障 ・設備などを適切に使用しなかったことによる汚損など ・借主の故意や過失による内装の汚損 ・物をかけるための釘穴、ネジ穴 ・ペットによる傷や臭い ・引っ越し作業時の傷や汚損 ・不注意によって雨水が入り込んだり、 水をこぼした場合の汚損、劣化     今日のお客様は、ヘビースモーカーだったようで、 タバコのヤニでクロスや天井が変色、 床にはタバコの焼け焦げも。…

Read More
冷蔵庫のお手入れ

冷蔵庫のお手入れ

転居に伴うご相談が増えてきました。   今日は、 転居された親族から譲り受けた冷蔵庫について。   食品を入れる場所だけに 入念にキレイにしたいですね。     掃除をする順番は・・・菌や汚れの多いところから。   野菜室 → チルド室 → 卵トレイ→ ドアポケット → 冷蔵室 → 冷凍室 → 冷蔵庫の外側(上、ドア、横)の順番で行います。     まずは野菜室を徹底的に掃除。 トレイなどどこが外れるかわかりづらい場合は、 取扱説明書で確認しましょう。 野菜室の中身をすべて出します。 食材が傷まないように、 できるだけ温度が低い、室内の冷暗所に置いておきましょう。 メーカーや機種にもより多少の違いはありますが、 引き出しトレイや、野菜を入れるケースそのものなど、 外せる部分は多いです。 大きいケースを洗うのは大変ですが、 できるだけ水洗いにチャレンジしましょう。 外側に冷却装置などがついていて故障が心配な場合は、 除菌シートで拭きましょう。 野菜室を引き出したら、 冷蔵庫本体も除菌シートなどで拭きます。…

Read More
コルク床のお手入れ

コルク床のお手入れ

今日のご相談は、 コルク床のお手入れについて。   コルクの原材料は、コルクガシという木の樹皮です。 コルクガシはブナ科の常緑樹で、 南ヨーロッパなどに広く生育している木です。 コルクガシは木の特性として、 成長とともに外側にコルク層と呼ばれる厚い外皮を作ります。 これをはぎ取ったものがコルクです。 外皮は再生するので、 一度はぎ取ってもまた新しいコルク層が形成されます。 伐採せずに繰り返し採取できるので、 エコな素材として知られています。   コルク床は、耐久性、耐水性に富み、 衝撃吸収性が高く、 保温性が高く、生活雑音をやさしく吸収し、 すべりにくく、歩行感のよい室内環境を実現します。   そのまま使うコルクタイルを除いて、 多くのコルク建材は表面に各種の加工がされています。   日常のお掃除は、ほうきや掃除機でほこりを取り除き、 汚れがひどい時には固く絞った濡れ雑巾を使って 軽く拭いてください。 ※高温スチーム洗浄機は、使用しないでください。 コルクタイルに変色やフクレが発生します。   また、 表面を長時間・多量の水に濡らしたまま放置しないでください。 変色やシミ・ヒビ割れなどコルクの美観を損なうことがあります。   醤油やワインなどがこぼれた場合は、 固く絞った雑巾で叩くように拭きましょう。   しつこい汚れには、 表面加工のあるなしにかかわらず 中性洗剤を用いることもできますが、 汚れを落した後に洗剤分を取り除かないと シミの原因になります。…

Read More
玄関は花粉の出入り口

玄関は花粉の出入り口

室内に持ち込まれる花粉の60%は、 換気によるものだといわれています。   コロナ禍において換気は欠かせず、 悩ましい限りです。   外干しの布団や 洗濯物に付着した花粉が 室内に持ち込まれることもよく知られていますが、 外出先から帰宅する際、 服について室内に持ち込まれることもあります。     玄関は花粉の出入り口です。     玄関の掃除は、 ほうきで掃くと花粉が舞い上がりますので、 拭き掃除から始め、 最後に掃除機で吸い取りましょう。   可能であれば水で流し、 新聞紙で水分を吸着させると完璧です。     また、 玄関に滞在する花粉を室内へ拡散させないため 玄関に空気清浄機を置くことも効果的です。   空気清浄機のフィルターは2週間に1回 掃除することを忘れずに。  

Read More
花粉の時期のベランダ掃除

花粉の時期のベランダ掃除

関東地方のスギ花粉の飛散は 3月上旬にかけて増加し、 3月末頃までが飛散のピーク。 また、3月中旬から5月上旬頃には ヒノキ花粉の飛散が多くなる見通し、だとか。   花粉が多く溜まりやすい場所は、 ベランダ。   エアコン室外機の上や手すり等にも多く付着しています。   ベランダ掃除でまず気を付けたいのが、 いきなりホウキで掃かないということ。   花粉は、乾いたままで集めようとすると、 かえって拡散してしまいます。     まずは、硬く絞った雑巾等で 高い所から拭き上げていきます。   物干し竿→ベランダ手すり→室外機の順番です。   ベランダの床は、小さくちぎって濡らした新聞紙を 撒いた後、ホウキで新聞紙と一緒に 花粉やホコリ等を掃き取ります。   排水口の掃除も忘れずに。   最後にいらない雑巾等を使って乾拭きします。   拭かずに濡れたままにしておくと、 その上に花粉が降り積もり、 乾いた後に花粉が固まってしまう場合があります。   少々手間はかかりますが、 ベランダの花粉を除去することで 室内への侵入を防ぐことができます。    …

Read More