カンタン 浴室換気扇清掃

カンタン 浴室換気扇清掃

24時間フル稼動の換気扇。 フト見上げると、カバーにホコリが…。   換気扇は浴室内にこもる湿気を 外に逃がす役割を果たしていますが、 湿気と一緒にホコリなども一緒に吸い上げているので、 自然と汚れていくんですね。   ホコリが主な汚れなので掃除自体はカンタン。   パッと見は汚れていないと思っても、 月に1回くらいのペースで掃除しましょう。   メーカーによって お風呂の換気扇のカタチは違います。   そもそも、 カバーを「外せるタイプ」と 「外せないタイプ」があるので、 まずはどちらのタイプかを見分けましょう。   カバーを外せるかどうかは、 カバー全体を下に引っ張ってみればわかります。   引っ張って動くようなら外せるタイプ。   「はすせるタイプ」の掃除方法は以下の通り。   ① 換気扇のカバーを外す カバーを手前に引っ張って取り外す。 あらかじめ必ず電源をオフにしておくこと。 両端の針金のようなもので固定されているだけなので、 その針金をつまんだりしながら引っ張ると簡単に取れる。   ② 掃除機でカバーの汚れを吸う ホコリがびっしりついているので 掃除機で吸い取る。  …

Read More
24時間換気のススメ

24時間換気のススメ

お風呂は一日の疲れをとってリラックスするための場所ですが、 厄介なのが湿気やカビの問題です。   換気扇を回しておくのが一番の対策なのですが、 電気代を節約したいからといって 換気扇をこまめに消していませんか?   実は換気扇は24時間つけっぱなしが 良いとされています。   換気扇は室内を換気するための装置です。   換気扇をつけておくことで 浴室内にたまった湿気を外部へと逃がし、 カビの発生防止に高い効果が期待できます。   しかし、換気扇の効果が発揮されるのは スイッチを入れて稼働している間だけであり、 スイッチを切ってしまうと、 せっかく外部に逃した湿気が 再び浴室内にとどまってしまいます。   なんと、 たった1時間スイッチを切っただけで 浴室内の湿気は、 カビが発生するのに十分なレベルまで 溜まってしまうらしいです。   カビ予防には換気がかかせません。     浴室内は、キレイにしているつもりでも 使用後の石鹸かすカスや髪の毛などから 悪臭が発生してしまうことがあります。   換気扇をつけていない浴室では 排水口付近から発生した嫌な臭いが室内にたまってしまいます。   24時間換気扇をつけっぱなしにしておけば いつでも臭いのない快適な浴室空間をキープできます。…

Read More
お風呂のピンポント掃除

お風呂のピンポント掃除

ついで掃除が習慣化したら、 週に一度のピンポント掃除を。   今日は、お風呂の排水口。 お風呂場で一番汚れが気になるところでしょうか。   お風呂中のお湯が流れ着く場所。 そして、お湯に流されて、汚れもたっぷり溜まる場所。   排水口の汚れが原因で、お風呂に嫌な臭いが漂ったり、 排水パイプが詰まったりすることも。   お風呂の排水口にたまる汚れは大きく4つ!   ・髪の毛 排水口のごみ受けをのぞいた時、一番目立つのが髪の毛です。 ぐるぐると絡まって溜まっているのを見かけたことがあるはず。 ティッシュで取るだけで綺麗になります。   ・皮脂汚れ 人の垢がたまると皮脂汚れになります。 体を綺麗にする場所だからこそ、溜まりやすい汚れ。 排水口のヌメヌメの正体。   ・石鹸カス 石けんを使っている方は、石けんカスにも要注意。 白くて細かい小さな汚れですが、 皮脂汚れなどと混ざって排水口をさらにヌメヌメにします。   ・カビ お風呂は、湿度も温度も高く、 カビにとって最高の環境です。 カビの餌となる汚れがたっぷり溜まった排水口は、 もはやカビの天国といっても過言ではありません。     排水口の掃除は次の手順で。   排水口カバーをはずし、 髪の毛などを取り除きます。…

Read More
ついで掃除のススメ 浴室編

ついで掃除のススメ 浴室編

浴室をキレイに保つためには、 カビの発生源となる汚れをためないこと、 水気を取り除くこと、 換気が大事です。   日頃から予防を心がけると汚れがたまることなく お掃除もラクになります。   そこで、「ついで掃除」の提案です。     お風呂を出る前に、 壁、扉、床にお湯をかけて、 石けんカスなどを溶かし流します。   排水口の髪の毛などは、 その都度取り除きます。   最後に入浴した人は、上記のほか さらに水気をスクイージーなどで 拭き取ります。   桶やイスなどは、床置きにせず、 バスタブのふちなどに掛けて 水気を切ります。 こうすることで ゴムの劣化を防ぐことができます。   シャンプーなどのボトルの底の 水気も拭き取っておくと 赤カビの発生を抑えられます。   また、掃除に活躍する重曹を 入浴剤として使用するのも良いです。   重曹は「炭酸水素ナトリウム」という 温泉に含まれる成分なので、 肩こり、冷え性に効果的といわれています。   重曹の入ったお湯を抜く時に…

Read More
【利用者の声】エアコン、洗濯機、浴室、レンジフードのクリーニングを依頼し、とても綺麗にして頂きました! 5.00

【利用者の声】エアコン、洗濯機、浴室、レンジフードのクリーニングを依頼し、とても綺麗にして頂きました! 5.00

  予算60,000円   利用日2020/02/25     ラジオを聞いた主人からの情報とチラシを見て初めて依頼しました。   今回は店長の飯田さんと工藤さんが担当されました。   まずは該当箇所の掃除内容の説明があり、すぐに作業が始まりました。   終始テキパキと作業が行われ、作業終了後にまた説明がありました。   洗濯機と浴槽の仕上がりを見た時は感動しました!   その後レンジフードのお掃除も完了し、フィルターが綺麗になっていて気持ちもスッキリしました。   終わりに、キッチンのレンジ周りの壁も綺麗に拭いて頂きました! これで今日から清々しい気持ちで毎日を過ごせます! 一貫して丁寧で無駄のないプロ意識を感じましたので、今後またお風呂のクリーニング等でお世話になりたいと思います。       お店からの返信 返信日2020/02/25 ご利用ありがとうございます! 今回は飯田と工藤がお世話になりました。 今後もプロの仕上げでお見せできるよう 技術を磨いていきたいと思います。 どうぞよろしくお願いします。

Read More
お風呂の赤いヌルヌルの正体は?

お風呂の赤いヌルヌルの正体は?

今日は、 今まさにお風呂の掃除中というお客様から 床に付いた赤いものの落とし方について ご相談がありました。   赤い=水アカ とヘンな勘違いをしたために 水アカにはクエン酸と まったく的外れな回答をしてしまいました。   お問い合わせくださったお客様、 大変失礼いたしました。   調べてみると、 浴室の赤いヌルヌルの正体は、 「ロドトルラ」という酵母菌の一種だそう。   これを放っておくと、黒カビとなるらしい。   黒カビになる前の赤いうちに退治しましょう。   用意するものは消毒用エタノール。   赤カビを完全に死滅させるために、 消毒用のエタノールをペーパータオルにしみ込ませ、 赤カビ部分に張り付けます。   10分程置いたらペーパータオルを剝がし、 赤カビが無くなるまで使い古しの歯ブラシ等で擦り、 水を流して終了です。   消毒用のエタノールは傷の消毒に使うので 人体にあまり害はありませんが、 肌が弱い方は炎症を起こす可能性があるので、 手に付いた場合は なるべく早く洗い流した方が良いでしょう。 ゴム手袋を着用するのもおすすめです。   また、掃除する際は なるべく天気が良く乾燥している日を選び、 掃除中はもちろん、…

Read More
春一番 エアコンクリーニングのススメ

春一番 エアコンクリーニングのススメ

関東でも春一番が吹きましたね。   花粉は春一番が吹く日より 翌日以降に大量飛散することも。     花粉症対策にはまず室内のお掃除から。     外から侵入した花粉は時間をかけて床に付着します。   効率よく掃除するには 花粉が舞い上がらない早朝か帰宅後の時間帯が有効です。   また加湿器機能付きの空気清浄機を活用するのも良いです。 加湿器から出る蒸気が花粉に水分を与えるため重くなり 床に落下しやすくなります。     掃除の手順は上から下へ。     静電気で花粉が付着しやすい家電製品も ていねいに拭き掃除。   床は掃除機をかける前に ウェットタイプのお掃除シートで花粉を拭き取ります。 そのあとに掃除機がけ。 水フィルター掃除機は排気もキレイで、 花粉を舞い上げないのでオススメです。       室内の花粉の量を減らすことが最大の花粉対策です。   掃除機、空気清浄機を活用して快適に過ごしたいものです。     空気清浄機がない場合は、エアコンで代用も。  …

Read More
玄関はお掃除簡単エリア

玄関はお掃除簡単エリア

今年のスギ花粉は、飛散するペースが早いとか。   そこで、今日は、 花粉の侵入経路となる玄関を 10分掃除しましょう。   人の目につきやすく、 風水でも「よい運気」を招き入れるための 重要なお掃除エリアです。   水拭き雑巾とカラ拭き雑巾を用意。   まず、玄関の外から。   ドアホンや表札の表面を 水拭き雑巾→カラ拭き雑巾で拭き掃除。   毎日触れるドアノブも念入りに。   次に内側。   靴は出しっぱなしにせず、 靴箱へ。   ドアノブ、敷居、傘立なども 雑巾2種で拭き掃除。 ドアクローザーの上も忘れずに。 三和土のホコリなどを掃除機で吸い取り、 雑巾2種で拭き上げ、完了。   大理石の床の場合は水分でシミになることがあるので、 固く絞った雑巾のみで拭き上げます。   ここまでの過程を週に1、2度行えると 良い運気が流れてきそう。   余裕がある時は靴箱の掃除。   靴が収納内に収まりきらない場合は、 思い切って処分。…

Read More
両辺をよごすことなかれ 其の二

両辺をよごすことなかれ 其の二

さて、会社のトイレ。   前居住者の残していったトイレの汚れ。 トイレクイックルで拭くだけでは落ちない尿石です。   サンポールを染み込ませたトイレットペーパーで10分ほど湿布します。 スポンジで擦って、まだ落ちないようなら、さらに10分ほど放置します。   これでも落ちないガンコな尿石は、物理的に削り落とします。   便器の尿石落としには、 ホームセンターなどで販売されている耐水性のサンドペーパーや陶器用の研磨パッドが適しています。   ここでは、スコッチブライトを使用します。 指が入らない細かい部分などは マイナスドライバーのような道具を使うのも有効です。 (あくまで陶器製の便器の場合です)   これでも落ちなければ、最終兵器。 高森コーキの尿石おとしバブルです。 多少お値段は張りますが、効果は抜群!   が、ご自身ではちょっと面倒…という方は、 プロにご依頼ください。   キレイなトイレで気分もスッキリ!     ◇注意◇ 酸性洗剤はアルカリ性の洗剤と混ざると有害なガスが発生するので、 酸性洗剤を使った後に他の洗剤を使うときは必ずよく洗いながしてから使用してください。 また酸性洗剤が金属部分にかかると、 酸によって金属が焼けてしまい変色の原因になるので、 もし洗剤がかかってしまったら直ぐに水で洗いながして下さい。 ここでは陶器製の便器の場合をご紹介しました。 樹脂素材などの場合はそれぞれのメーカーの推薦している方法でお掃除してください。  

Read More
両辺を汚すことなかれ 其の一

両辺を汚すことなかれ 其の一

  毎日お世話になるトイレ。   そのトイレを汚すなという道元禅師の教えです。   家のトイレでは当たり前にできることが 公衆のトイレだとなおざりに。   そこがキレイなトイレだったら、おそらく多くの方はキレイに使用して出ていくでしょう。 でもそこがあまりキレイではないトイレだったら、 他の人が汚した分もキレイにして出ることができるでしょうか。   人が見ていないところだからこそ、 そのひととなりが試される、 トイレは修行の場なのです。     公衆トイレの行はハードルが高いので、 まずは、家庭のトイレ行から。   汚れをためないことが一番大事なので、 ラクに続けられる10分間掃除を習慣づけましょう。   トイレクイックルで便座から床まで拭き、 便器の中はクエン酸水(昨日のブログ参照)と ブラシでこすり洗い。   臭いの元となりやすい トイレマットやスリッパなどはこまめに洗うことも 忘れずに。 お掃除をラクにするためにあえて使わないという選択もありますね。     さて、紺屋の白袴状態の会社のトイレ。 ようやく掃除ブラシを購入したので、 ここから新たな修行が始まります(笑)  

Read More