【利用者の声】ビルトインガスコンロとレンジフード、普段、手入れが出来ていない部分(分解掃除が必要なところ)をキレイにしようと、一念発起

【利用者の声】ビルトインガスコンロとレンジフード、普段、手入れが出来ていない部分(分解掃除が必要なところ)をキレイにしようと、一念発起

投稿日2021/10/12 期待値以上、素晴らしい! 5.00 利用日2021/10/12 ビルトインガスコンロとレンジフード、普段、手入れが出来ていない部分(分解掃除が必要なところ)をキレイにしようと、一念発起。 結構な時間をかけて、ネットで各社のHP、口コミ等々を精査した。 結果、その中でベストと思われる「おそうじマスターズ」に多少、心配しつつも依頼。 受付ていただいた石田さんのレスポンスの良さにちょっと安心。 当日、担当の山口Rさんが、時間にもピッタリで来宅、実に丁寧な作業をしていただいた。 邪魔になるのを承知でずっと張り付いて作業を見学させていただいた。 いや、びっくり、作業やものの取り扱いの丁寧さ、仕上がりは満足以上。レンジフードなどは、帰られたあと、思わず指で撫でてしまうほどの出来上がり。 素晴らしいの一言。 これならと、さらに追加で浴槽のエプロンを外しての清掃もお願い、引き受けていただいた。 今年一番の大満足の一日だった。 次回も是非、山口Rさんにきて欲しい!!  お店からの返信 返信日2021/10/16 ビルトインガスコンロとレンジフードのクリーニングをご依頼いただき まことにありがとうございます。 サービスを提供した山口と 受付の石田がお世話になりました。 今後もハウスクリーニングをご検討の際は「おそうじマスターズ」をよろしくお願いいたします。

Read More
【利用者の声】キッチンレンジフードの清掃とキッチンシンク下引き出し、押し入れ、下駄箱のカビ取り

【利用者の声】キッチンレンジフードの清掃とキッチンシンク下引き出し、押し入れ、下駄箱のカビ取り

投稿日2021/10/12 ありがとうございました 5.00 5年程前に、所々清掃していただき、親切、丁寧にしていただきましたので、また機会があればお願いしたいと思っていました。 今回はキッチンレンジフードの清掃とキッチンシンク下引き出し、押し入れ、下駄箱のカビ取りをお願いしました。 カビ取りの方はどのような作業になるのか不安でしたが、当日お話しを聞いてからで大丈夫とのことで、安心しました。 今回は久保田さん、矢崎さんに来ていただき、こちらの要望をしっかりと聞いてくださり、適切なご提案をいただき私も納得できて、お願いできました。 カビの原因を突き止めてくださり、おかげ様で、カビの臭い取れました。 また、お掃除の際にキッチンシンク下の引き出しの不具合も見つけてくださり、本当に助かりました。 また機会があればお願いしたいと思います。ありがとうございました。  お店からの返信 返信日2021/10/16 再度のご利用をいただき まことにありがとうございます。久保田と矢崎がお世話になりました!技術とサービス力を常に向上させますので 次回もまたよろしくお願いします。

Read More
洗濯機 排水口のニオイ

洗濯機 排水口のニオイ

洗濯機の排水口の辺りから嫌なニオイがする原因は、 汚れがたまっている、 排水トラップに水がたまっていない、 排水が詰まっているなどが考えられます。   洗濯機の排水口には、 下水から上がってくる臭いを防ぐ 排水トラップがついていることが一般的です。 排水トラップは排水経路の途中に水(封水)を溜め、 空気の通り道を塞ぎ、 下水道から臭いが侵入するのを防ぎます。 しばらく洗濯機を使わないと、 排水トラップの水が乾いてしまうこともあります。 その時はゆっくりと水を注いで、 水をためるようにしましょう。   また、下水臭とは違った嫌な臭いがしている場合は、 排水口に溜まった汚れから雑菌が繁殖しているかもしれません。   洗濯機の排水口は掃除がしづらい場所にあるため、 お手入れを怠りがち。 掃除せずにそのままにしておくと、 洗剤のカス、糸くずやホコリ、髪の毛などの汚れが ヘドロ化して臭いの原因になることもあります。 その場合は、できるだけ早く洗濯機の排水口を掃除しましょう。     洗濯機の排水口を掃除する際は、 洗濯機のコンセントを抜く、     洗濯機の水道を閉める、   排水口が洗濯機の下にあるなら 洗濯機を移動させておく必要があります。       掃除の仕方 用意するもの…

Read More
フローリングの焼け焦げ

フローリングの焼け焦げ

今日のご相談は、 フローリングの焼け焦げについて。   フローリングを焦がす最も多い理由は タバコの不始末です。 ほかにはアイロン、アロマキャンドルなど。   フローリングの焦げは美観が悪くなるだけでなく、 放置すると被害が拡大し、 小さな子供やペットの怪我などに繋がります。   焦げは放置せず、早めの対策が必要です。     フローリングの焦げを最も素早く しかも安価に直す方法がDIYによる補修です。     比較的に小さな焦げでしたら、 サンドペーパーと住まいのマニキュアで補修可能です。 手順 ①焦げの周りにマスキングテープで養生をする。 ②サンドペーパー(240番前後)で焦げを削り取る ③焦げが落ちたら補修ペンで色付けをする。 乾燥すると色が変化する上に 補修用のペンは色が薄いものも多いので、何度か重ね塗るつもりで行う。 ④仕上げに全体にワックス掛けをすると補修跡が目立ちにくくなる。     中ぐらいの焦げにはサンドペーパーとクレヨン 手順 ①焦げの周りにマスキングテープで養生をする。 ②サンドペーパー(80番前後)で焦げを削り取る。 深さがあったりささくれが出来ていたりして、 サンドペーパーだけでは削れない時は彫刻刀で少ずつ彫り、 最後にサンドペーパーをかける。 ③凹み部分にパテを盛り、 乾いたらサンドペーパー(240番前後)をかけて平坦にする。 ④補修ペンで着色する。 ⑤仕上げに広くワックスを塗る。…

Read More
トイレの床掃除

トイレの床掃除

汚れが目立ちやすい便座や便器に比べ、 なおざりになりがちなトイレの床。   尿やホコリなどがつきやすい床は、 ニオイの原因となっていることも。     汚れの主な原因は下記のとおり。   尿の飛び散り 男性が立って用を足した場合、 どんなに狙いを定めたつもりでも必ず足元に尿が飛び散っています。  飛び散った尿と床に落ちているホコリが合わさると、 雑菌が繁殖して悪臭の原因にもなってきます。    皮脂 素足でトイレ内に入っている場合、 目に見えない足の裏の皮脂が床に付着しています。 床掃除をしていないと、それが徐々に蓄積。 そこにホコリが積もると、やがて床の黒ずみへと発展します。   ホコリ トイレットペーパーや衣類などにより予想以上にホコリっぽくなります。 飛び散った尿や床に付着した皮脂の上にホコリが落ちると、 頑固な汚れや雑菌が繁殖する温床となってしまいます。     トイレの床材ごとに適した掃除方法 トイレの床として一般的なのは、 クッションフロア、フローリング、タイルの3種類。 それぞれの床材の特徴と、それに適した掃除のポイントをご紹介します。   掃除しやすいクッションフロア 最近のトイレで広く使われているクッションフロア。 水や汚れに強いビニール素材で、お手入れも簡単です。 尿はねなどはトイレ用のお掃除シートで比較的簡単に拭き取れるでしょう。 ただし静電気が発生しやすいため、 ホコリが吸着しやすいという特徴があります。 壁際や便器との境目などにホコリがたまりやすいので、 掃除機などでこまめに取り除くようにしましょう。…

Read More
キッチンでコバエを発生させないために

キッチンでコバエを発生させないために

今日のご相談は、キッチンで大量発生したコバエについて。 久保田が緊急出動し、徹底掃除で対応しました。     コバエが発生しやすいのは4月から11月ぐらいまでで、 25~30℃の気温と、70%程の湿度を好むそう。 そのため、梅雨の6月あたりから急激に増え始め、 真夏には一旦減り、 9月と10月には再度増えるといわれます。   コバエの繁殖力は強力で、 メスは一生の間(1週間~1ヵ月程度)に 500個もの卵を産むといわれています。   家庭内で特にコバエの産卵場所となる可能性があるのは、 以下の6箇所です。 ・食べ残しのある三角コーナー・ゴミ箱 ・空き缶や空き瓶 ・観葉植物・土 ・ペットのエサやトイレ ・エアコン内部 ・排水溝・排水管   産卵場所となりそうな所をこまめに掃除していれば、 孵化する前に駆除することができます。     キッチンでのコバエ対策には以下を徹底しましょう。   ■排水口はこまめに掃除 暑い時期は少しのヌメり、 ゴミが残っているだけでも腐敗や悪臭の原因となります。 腐ったにおいを嗅ぎ付けたコバエが卵を産みつけ、 恰好の発生源となってしまいます。 面倒でも日頃からこまめな掃除を心がけ、 コバエを呼び寄せない環境にする必要があります。   ■食品や飲料をそのまま放置しない 飲み残しや食べ残しを食卓やキッチンに放置することも、 コバエを呼び寄せる原因、あるいはコバエの発生源となります。…

Read More
キッチン排水口のニオイ、つまり

キッチン排水口のニオイ、つまり

水回りの掃除は普段からこまめにしているつもりでも、 排水管の内部まではなかなか手が出ないですね。   キッチン、洗面所、トイレ、浴室など、 排水管が設置されている箇所はさまざまであり、 構造も異なります。   基本的な構造がわかると お掃除に対する抵抗感も少なくなり、 定期的な清掃でいつも快適な生活環境が実現できます。   排水管は排水トラップの下にあります。 排水管を掃除するにはまずはじめに、 排水トラップなど外せるものはすべて外して 排水管の穴に直接掃除をしていきます。   キッチンは家庭の水回りの中でも、 最も汚れた排水が流れる場所です。   油汚れや食材を切ったあとの残りカスなどが 排水溝の汚れにつながりやすく、 汚れが蓄積していくとつまりが発生します。   いちばん簡単で効果的なのは 排水管に直接お湯を一気に流しこむ方法です。   大量のお湯と水圧によって、 汚れを一気に洗い流してしまいます。   これだけで単純な詰まりや汚れは 綺麗に洗浄できることがあります。   1ヶ月に一度の周期で定期的に行うことで、 普段から詰まりや汚れの予防にもなります。   お湯の温度は40度~50度程度で行うようにしましょう。     お湯だけでは効果が感じられない場合には、 パイプクリーナーを用いる方法もあります。…

Read More
【利用者の声】中古マンション入居前・全体ハウスクリーニング@横浜市緑区

【利用者の声】中古マンション入居前・全体ハウスクリーニング@横浜市緑区

投稿日2021/10/04 ありがとうございました! 5.00 予算140,000円利用日2021/09/13 中古物件を購入したので、害虫駆除とクリーニングをお願いしました。 下見の時、汚れを見て色々なパターンを想定しての提案をして下さいとても分かりやすく、安心できました。 当日も作業説明や進行状況、また状態を見てどうするか私への問合せなど、とても細やかなご配慮を頂きました。 仕上がりはもちろんピカピカ、最高!作業中の動画も見せていただき、汚れが落ちたのがよくわかりました。 さらに、ガスの立ち会いを引き受けてくださったり、扱い方がわからない設備の使い方を教えて下さったりと親切にして下さいました。 高齢の母と世間知らずのおばさんの二人暮らしは不安材料が多いので、本当に助かりました。 今回も私達の置き忘れでリモコンが行方不明になる騒ぎを起こしてしまいましたが、 丁寧に対応をしてくださり「見つかって良かった」と言っていただきました。 大変ご迷惑をおかけしましたが、またお願いしたいと思います。知り合いにも勧めたいです。ありがとうございました!  お店からの返信 返信日2021/10/05 中古物件購入。入居前の全体ハウスクリーニングと害虫駆除のご依頼をいただきありがとうございます! 建物や設備に詳しいプロとして、お客様の心配な部分をフォローできるように尽くさせていただきました。 また、物件購入から入居のお忙しい時期ということで、少しでも移動などのお手間が減るように こちらで対応できるところは柔軟に対応させていただきました。 リモコンの件はびっくりしましたが、無事だったようで安心いたしました。 今後も、家の中でお困りなことがあった場合は 「おそうじマスターズ」をよろしくお願いいたします。

Read More
扇風機のお手入れ

扇風機のお手入れ

ひと夏使った扇風機は、意外と汚れています。 来シーズンも気持ち良く使えるようお手入れをしましょう。     運転直後はモーター軸が高温になっているので、 お手入れは運転停止後30分程度待ち、 手袋を着用してから行ってください。   扇風機の掃除方法 掃除の手順は以下の通り。 ホコリを掃除機で取り除き、カバーを水ぶきする。 カバーなどのしつこい汚れには洗剤を使い、 羽根についた油汚れは住宅用中性洗剤や重曹を使い丁寧に洗う。 カバーや羽根をしっかり乾燥させて組み立てる。 部品がキチンと分解が出来ていれば簡単です。     ●扇風機の前カバーを外す カバーはクリップなどで留まっているので、 固定されているツメを外し、前カバーを取り外します。 分からない場合は説明書を参照。   ●羽根(プロペラ)を外す 羽根を取り外します。 羽根は中央部分の止め具などでモーターの軸に固定されていますが、 回転時に緩まないように ほとんどは通常のねじとは逆方向(向かって右回し)で緩むようになっています。 特殊なものもありますので緩まない場合は説明書を参照。   ●うしろカバーを外す 後ろカバーは 固定用のパーツやリング状のナットなどで固定されています。 それらを取り外してからカバーを分解します。 パーツを分解したら全ての部品をなくさないように注意してください。     ●ホコリを掃除機で吸い、水ぶき まずは全体のホコリを掃除機であるていど取り除いてから、 固く絞った雑巾で水ぶきをします。  …

Read More
カーペットにこぼしたマニキュアの落とし方

カーペットにこぼしたマニキュアの落とし方

カーペットにこぼしたマニキュアの落とし方についてに ご相談がありました。   マニキュアを落とすには除光液ですね。   まずは除光液による 「色落ち」「変色」が起きないかチェックをしましょう。   ・タオルなどに除光液を少量含ませ、目立たない場所に軽く押し付けます。 ・タオルに色移りがあるか確認します。   タオルへの色移り、テスト箇所の変色が見られた場合には、 残念ながら染み抜きは行えません。     色落ち、変色がないことを確認したら、 以下に注意してはじめます。   ※部屋の窓を開け、換気する ※手荒れを防ぐため、ゴム手袋等を着用する ※除光液は揮発性・引火性のが高いので、 火器類のそばでは行わない     最初にカーペットの裏側のマニキュアをこぼした部分に、 古いタオルやぼろ布など捨ててもいいものを敷きます。   次に除光液をつけたタオル等で、 マニキュア部分をトントン叩くように落としていきます。 こすると汚れが広がるので注意。   除光液を切らしている場合は、 ベンジンやオキシドール(消毒薬)でも代用できます。   ある程度色が薄くなったら、 洗濯用中性洗剤をぬるま湯で適当に溶かし、 捨ててもいい布にたっぷり含ませ、 マニキュアをこぼした部分をトントンと叩くように 落としていきます。  …

Read More