Yjimage

エアコン試運転のすすめ

今週は夏日が続く予報。

暑くなるとエアコンの出番です。

yjimage

 

本格的に使用する前に

エアコン各メーカーが故障やトラブルを防ぐための

試運転と点検方法について案内しています。

 

例年7月にエアコンに関する故障の問い合わせや

点検依頼が集中するそうで、

5月~6月前半に試運転を行うことで

対応を分散する目的もあるようです。

 

エアコンは熱中症対策としては不可欠なため、

必要な時に使用できないという状況とならないよう、

試運転を行いましょう。

yjimage

 

試運転は

(1)運転モードを「冷房」に、

温度を最低温度(16~18度)に設定し、

10分程度運転、

(2)冷風がきちんと出ているか、

異常を示すランプが点滅していないかを確認、

(3)さらに30分程度運転し、

室内機から水漏れがないかを確認、

(4)異臭や異音がないか確認、

という順で行います。

 

試運転の際に

次のような症状があるかの確認をしましょう。

 

<エアコンのチェックポイント>

1)電源が入らない。

[確認内容]

・リモコンの電池が切れてはいませんか?

・室内機の電源プラグがはずれていませんか?

・エアコンのブレーカーが「切」になっていませんか?

 

2)リモコンは反応しますが、風が出てこない。

(風が出ない、風が弱いなどの症状)

[ワンポイント]

冷房や除湿運転のスタート時は

冷たい風を出す準備をしています。

約1分間お待ちください。

[確認内容]

・室内機のフィルターにほこりがたまっていませんか?

・「除湿」でご使用の場合は、

「冷房」に切り替えてお試しください。

・室温がエアコンの設定温度付近になっていませんか?

 

3)ニオイがする。

 

4)エアコンの効きが悪い。

(冷えない、冷えが弱いなどの症状)

 [確認内容]

室外機の吸い込み口や吹き出し口は

ふさがれていませんか?

 

5)ランプなどが点滅している


6)エラーの番号などが表示している

 

 

なお各社HPには、

それぞれの項目に対し、

故障診断のページも準備されています。

 

また、節電方法についても、

(1)2週間に1度のフィルター清掃、

(2)設定温度の目安を28度に、

(3)室外機の周囲に放熱を妨げる障害物を置かない、

などを案内しています。

 

 

事前の試運転で、安全で安心な夏を。

yjimage

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

CAPTCHA