CEL518 01

キッチン シンク お手入れ ホーロー製

キッチンのシンク素材にはいくつか種類があります。

・ステンレス製

・人造大理石製

・人工大理石製(樹脂製)

・ホーロー製

・クオーツ製

など

 

それぞれ特徴とメリット・デメリットがあります。

お手入れ方法も含めてご紹介します。

 

 

ホーロー製

海外ではお馴染みですが、日本ではあまり普及していない素材です。

ホーローとは鉄やアルミなどの金属を下地にして、

その上にガラス質のうわ薬を高温で焼き付けたものです。

金属とガラスの特性を併せ持っており、

水や湿気、熱への耐性に優れ、

スチール製のタワシなどでこすっても傷つかない耐久性があり、

掃除もしやすいことで知られています。

 

 

◇ホーロー製シンクのメリット

・熱に強い

・臭い移りが少ない

・耐久性が高い

 

◇ホーロー製シンクのデメリット

・耐衝撃性など取り扱いに慎重さが必要

・長期間の使用で錆びが発生する可能性がある

 

 

◇ホーロー製シンクのお手入れ

 

ホーローは「シンクに水をためて洗う」という考え方で作られているので、

少ない水量で洗う洗い方をしていると、

食器が割れたり、傷つきやすくなってしまいます。

 

水アカ汚れ等も付きやすいので、

他の素材より少し気を使う必要があります。

 

ホーローは鋳物ですから、表面のコーティングを守ることが大事です。

お手入れするときは、表面のコーティングにキズをつけないように、

柔らかいスポンジや布と中性洗剤で行います。

 

もし、黄ばみやシミが出てきても、

研磨剤入りのクレンザーで磨くと表面のコーティングがざらついてしまうため、

余計に汚れがしみこみやすくなってしまいます。

黄ばみが目立つときには

柔らかい布に歯磨き粉をつけて優しくこすったり、

濡れたスポンジに重層をつけてこすったりすると、

表面にキズをつけずに汚れが落ちやすくなります。

 

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

CAPTCHA