Sh Sus Worktop Ib1030 860×495

キッチン シンクのお手入れ ステンレス製

キッチンのシンク素材にはいくつか種類があります。

・ステンレス製

・人工大理石製(樹脂製)

・人造大理石製

・ホーロー製

・クオーツ製

など

 

それぞれの特徴とメリット・デメリット、

お手入れ方法も含めてご紹介します。

 

 

まずは、ステンレスシンク。

 

昔からキッチンシンクとして使われてきた定番素材で、

柔らかさがあるために食器類を落としても割れにくいという特長があります

(表面がセラミックコーティングされているカラーステンレスは除く)。

 

耐熱性・耐久性・対磨耗性が高いというメリットがある一方、

キズと汚れへの耐性では人工大理石に劣るとされています。

(※最近ではキズと汚れに強い新製品もあるようです。)

カラーは基本的に銀色です。

 

◇ステンレスシンクのメリット

・熱に強く、錆びに強い

・汚れに強く、臭いが付きにくい

・お手入れが簡単

 

◇ステンレスシンクのデメリット

・もらい錆びに注意が必要

・水垢が目立ちやすい

 

 

◇ステンレスのシンクのお手入れ方法

 

ステンレスはサビ止めの加工がされていますが、

キッチン用の塩素性漂白剤や、

しょうゆ、塩などの塩分や塩素が付くとサビができてしまいます。

 

いつもキレイなシンクを維持するポイントは、

夕食の片付けで調理器具や食器を洗う時に、

一緒にシンクの掃除を毎日することです。

 

食器などを洗った後、シンク全体が軽く濡れた状態で掃除を始めます。

 

台所用洗剤を濡れたスポンジに含ませて、

塗るようにシンク全体を優しく擦って汚れを落としましょう。

 

水栓やまわりの細かい部分は

歯ブラシなどを使って汚れをこすりとり、

充分に水を流して洗剤を流し落とします。

 

光沢のあるステンレスは汚れが目立つ素材なので、

水に濡れたままの状態で掃除を終了すると、

シンクは白くくすんでしまいます。

ピカピカのシンクに洗い上げるためには、

最後にシンクを乾いたクロスで乾拭きをして仕上げ、

水垢によるくもりを防止しましょう。

 

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

CAPTCHA