書類

デジタル整理収納のすすめ

書類のファイリングの続き。

 

保証書や、契約書など、

原本を残さなければならないものは、

クリアファイルで整理します。

 

が、

原本を残さなくてよいものはスキャンして

データ化してしまいましょう。

 

データ化することで

書類そのものを減らすことができるので

おすすめです。

 

最新のスキャナー、

富士通ScanSnap iX1500を使えば、

すばやくデータ化が完了。

yjimage

 

特筆すべきは、自動振り分け機能。

 

取り込みサイズから、

レシート・名刺・文書・写真を判別して、

対応クラウドサービスに

自動的に転送させることが可能です。

 

なんて便利!

 

取り扱い説明書なども同様にデータ化します。

 

このように紙として必要か必要でないかを判断して

データ化していけば、一気に書類を減らせますね

 

 

写真やハガキなどの思い出の品

yjimage

 

どうしても処分できない場合は、

データ化することで気持ちに整理がつきます。

 

押入れの奥を占領しているアルバムや年賀状、

フィルムで撮った写真などは、

きれいなうちにデータ化しましょう。

 

大量の年賀状データも一箇所に集約できるので、

あとでまとめて見るのも簡単。

yjimage

 

 

押入れもスッキリ、気分もスッキリ。

 

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

CAPTCHA