Images

フローリングの焼け焦げ

今日のご相談は、

フローリングの焼け焦げについて。

 

フローリングを焦がす最も多い理由は

タバコの不始末です。

ほかにはアイロン、アロマキャンドルなど。

 

フローリングの焦げは美観が悪くなるだけでなく、

放置すると被害が拡大し、

小さな子供やペットの怪我などに繋がります。

 

焦げは放置せず、早めの対策が必要です。

 

 

フローリングの焦げを最も素早く

しかも安価に直す方法がDIYによる補修です。

 

 

比較的に小さな焦げでしたら、

サンドペーパーと住まいのマニキュアで補修可能です。

Unknown

手順

①焦げの周りにマスキングテープで養生をする。

②サンドペーパー(240番前後)で焦げを削り取る

③焦げが落ちたら補修ペンで色付けをする。

乾燥すると色が変化する上に

補修用のペンは色が薄いものも多いので、何度か重ね塗るつもりで行う

④仕上げに全体にワックス掛けをすると補修跡が目立ちにくくなる。

 

 

中ぐらいの焦げにはサンドペーパーとクレヨン

images

手順

①焦げの周りにマスキングテープで養生をする。

②サンドペーパー(80番前後)で焦げを削り取る。

深さがあったりささくれが出来ていたりして、

サンドペーパーだけでは削れない時は彫刻刀で少ずつ彫り、

最後にサンドペーパーをかける。

③凹み部分にパテを盛り、

乾いたらサンドペーパー(240番前後)をかけて平坦にする。

④補修ペンで着色する。

⑤仕上げに広くワックスを塗る。

 

 

ただし、賃貸では安易にDIYには手を出さず、

入居時の契約約款などを確認した上で、

専門の業者へ依頼することをお勧めします。

 

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

CAPTCHA