【おそうじマスターズコラム】知っておきたいキッチンの知恵。お掃除と片付けがはかどる収納のコツ

【おそうじマスターズコラム】知っておきたいキッチンの知恵。お掃除と片付けがはかどる収納のコツ

知っておきたいキッチンの知恵。お掃除と片付けがはかどる収納のコツ 気が付くと、ごちゃごちゃと散らかってしまうキッチン。 コンロやシンクのお掃除はしているけれど、収納は見て見ぬふりをしてしまいがちですよね。 しかし、キッチンの収納が雑だと衛生的な問題はもちろん、毎日の料理や片付けの効率も落ちてしまいます。 そこで今回は「知っておきたいキッチンの知恵。お掃除と片付けがはかどる収納のコツ」をご紹介しましょう。   まずは断捨離!“入る分だけ持つ”が鉄則! すべての場所のお掃除の基本、使わないものを捨てることが快適な住まいへの近道。 特にキッチンは様々なものをため込みやすい場所です。 ぎゅうぎゅうに収納したり、入らない物がある状態では使いやすいキッチンとは言えません。 全てゴミに出すのではなく、状態の良いものはリサイクルショップに出せば罪悪感なく断捨離できます。 まずは下記の基準を参考に、選定して物を減らしましょう。       【ゴミを捨てる】 賞味期限切れの飲料・食料・調味料などは当然ですがゴミに分類されます。ストックを1つ1つ確認しましょう。 特に冷蔵庫の中は要注意!瓶やチューブだけでなく、付属で付いてきたお醤油などたくさん出てきます。 また、再利用の為コンビニのプラスチックスプーン・ジャムなどの瓶容器・スーパーのレジ袋などを溜めている場合も、ゴミと判断して捨てることをおすすめします。 【破損・劣化したもの】 焦げ付いた鍋・欠けてしまった陶器製品・錆びたものなど。ギリギリ良しとして使用したり、捨てにくいので放置してしまうケースが多いです。 【数が増えすぎているもの】 タッパーなどの保存容器や、サイズ違いで買ったボウル・鍋、マグカップは特に増えてしまう傾向にあります。 普段の生活を振り返り、実際の使用個数を残し、できる限り減らしましょう。 【1年以上使ってないもの】 圧力鍋や土鍋などを除いて、1年以上使っていないもの。 例えば、電気プレートやホームベーカリーなど、なかなか使う機会のないグッズもあると思います。 基本的に、1年以上使ってないもの=無くても良いもの。今後本当に使うか悩んだら思い切って手放しましょう。   収納は「取り出しやすく」が大前提!使用場所とアイテムはセットで考える。   コンロと鍋といったように、使う場所の近くに必要なアイテムがある状態がベストです。 きちんと断捨離が済んだら、収納スペースの大きさ・物の数・動線を考慮し、収納場所を決めましょう。 100円ショップで買えるアイテムを活用すると上手に収納できますよ♪ 1.コンロ台に収納すべきもの 【鍋】 鍋はコンロ下の大きな収納へ。重ねるのは絶対にNGです!取り出しにくい上に、鍋に傷がつく場合があります。 100円ショップのラックやファイルボックスを活用して、1つずつ収納すると格段に出し入れしやすくなりますよ。 突っ張り棒を数本張ると、上部にも収納スペースが作れます。 【フライ返し・おたま・調理ベラなど】…

Read More