夏こそピカピカにしたい!足の垢でベタつくフローリングのお掃除術

【おそうじマスターズコラム】夏こそピカピカにしたい!足の垢でベタつくフローリングのお掃除術

夏こそピカピカにしたい!足の垢でベタつくフローリングのお掃除術

フローリングの床を裸足で歩くととても気になる、ベタつく汚れ。放っておくと、やがてはカビやワックスを劣化させる原因にもなります。

フローリングのベタつきは、足裏の皮脂による油汚れが主な原因。皮脂汚れが時間経過で酸化すると、カンタンには落とせない、ガンコな汚れになってしまうため、とくに汗を多くかく夏の季節はいつも清潔な状態を保ちたいもの。

もし、ドライシートで乾拭きしても、雑巾で水拭きしても、なかなかフローリングのベタつきが消えない場合は、皮脂が酸化してしまっているかもしれません。
そこで、フローリングのしつくいベタつきを簡単に落とせる、夏こそオススメのフローリングのお手入れ方法をご紹介します。


夏こそピカピカにしたい!足の垢でベタつくフローリングのお掃除術

頑固にベタつく皮脂汚れもサッと拭くだけ!フローリングのお掃除術

【準備するもの】
・マスク
・新聞紙
・フローリングワイパー
・ワイパー専用のドライシート
・雑巾
・中性洗剤水
※中性洗剤水を作る際は、バケツいっぱいの水に中性洗剤を小さじ1杯分入れて溶かせばOKです。食器用の中性洗剤でも可能です。

【お掃除の手順】
1.掃除用ワイパーで天井に溜まったホコリを落としていきます(ホコリ対策にマスクを着用し、家具に落ちないように新聞紙などをかぶせましょう)
2.壁についたホコリを、ワイパーで使用したドライシートを使って拭いていきます
3.皮脂汚れを吹く前に、フローリングの隙間に入っているホコリ等を掃除機でキレイにします
4.フローリングのベタつきが気になる箇所を中心に、中性洗剤水をかけ、硬く絞った雑巾で拭けば完了です!ベタベタの皮脂汚れがスッキリ落ちます

【お掃除の注意点】
酸性の汚れ落としでは、アルカリ性の洗剤や重曹が定番です。でも、フローリングのお掃除ではワックスまで剥がしてしまうことがありますので、なるべく使用は避けましょう。


プロの技術でムラなく徹底洗浄&住まいの環境に合わせたワックスでコーティング

多くの住まいの床材に使われているフローリング。一度汚れが染み付くと目立ちやすく、また間違ったお手入れをしてしまうと、柔らかい木材に傷やシミをつけてしまうこともあります。

フローリングのお掃除にお悩みの際は、ハウスクリーニング専門店「おそうじマスターズ」にご相談ください。
横浜・川崎を中心とした対応エリアで年中無休、お見積もりは無料で承ります。
しつこい汚れもプロの技術ですっきり落とし、最後にフローリングの材質にあわせたワックスで、ムラなく輝きを取り戻します。
引っかきキズや凹み等の補修も対応しています。子供やペットのいるご家庭や、賃貸住宅で床を傷つけてしまったときも、お気軽にお問い合わせください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA