フローリングに粗相 洗浄消毒

フローリングに粗相 洗浄消毒

今回のご相談は、 フローリングの洗浄と消毒について。   先日の4連休は行楽地が賑わったとか。   遠出しないまでも 久々に友人宅に集ったという方も多いようで、 自粛生活からの開放感で つい飲み過ぎてしまったのか、 粗相してしまったらしい。   飲み過ぎだけでなく、 小さなお子さんやペットがいる家庭では、 コンディションによりよくあることです。   吐瀉物を処理する際は、 マスク・手袋(二重)を正しく装着しましょう。   これから発生のピークとなる、 ノロウィルスが原因だった場合は、 処理にも細心の注意が必要です。   大人が屈んだくらいの1mの高さから嘔吐した場合、 半径2m程度の範囲に飛散するそうです。   トイレで嘔吐した場合は、 壁まで飛散していることになります。 このことを念頭に入れ、 しっかりと広範囲を掃除しないといけません。   吐瀉物を処理したあとは、 色落ちなどの心配がない箇所には 次亜塩素酸(漂白剤)を浸透させ、 殺菌処理をおこなってください。   まずはキッチンペーパーや 新聞紙を少し広めの範囲に敷き、 0.1%の次亜塩素酸ナトリウム水 (500mlペットボトルの水に対し、 キャップ2杯分の台所用塩素系漂白剤を入れる)…

Read More
お米の中にダニ?

お米の中にダニ?

今日のご相談は、お米の中にダニが発生した、 というもの。   ダニは肉眼で確認できません。 そのため「ダニが大量に発生してしまった」 という場合、 ルーペや顕微鏡を使っていない限り、 チャタテムシである可能性のほうが高いです。 チャタテムシは 「カビ、フケ、ホコリ」を好み、 特に「カビ」が大好物。 カビが生えやすい湿気の多い場所は注意です。 他に畳や古い本などで見かけることもあります。   「カビを食べてくれる事は、 家にとって良いことではないか?」 という一面も確かにありますが、 チャタテムシの死骸が空中に漂い、 それを吸い込むと アレルギーの原因になることもあります。   また、 チャタテムシなどが大量発生した場合、 それらを捕食するツメダニが 二次的に発生してしまうことがあるので 注意が必要です。 ツメダニは稀に間違えて人を刺し、 肌にかゆみが生じたり、 皮膚炎を起こしたりすることもあります。 二次被害のリスクを軽減するためにも、 チャタテムシが発生しにくい環境づくりや 予防が大切です。     段ボール箱を放置しない 薄暗い、湿気が多い、あたたかい… 三拍子そろっている段ボール箱は、 チャタテムシにとって安心できる住処。 また、ゴキブリやダニの温床にもなりやすいため、 放置しないことを強くおすすめします。…

Read More
浴室カラン(水道の蛇口)の掃除

浴室カラン(水道の蛇口)の掃除

今日は、10月上旬並みの気温だったとか。   久しぶりに湯船に浸かった方も多いのでは?   湯船に浸かってあたりを見回すと、 日頃気付かない汚れを見つけることがあります。     今日は、水道の蛇口(カラン)を掃除してみましょう。   蛇口の白い汚れの原因は、 「水道水に含まれるミネラル」が原因です。   水道水には、カルキやマグネシウム、 カルシウムなどのミネラルが含まれています。   このミネラルが結晶化することで 蛇口の白い汚れになるのですが、 このミネラルの汚れは 通常の洗剤ではきれいにすることができません。     ミネラルはアルカリ性です。   そこで登場するのが、「クエン酸」です。   蛇口の白い汚れが少しついている程度なら、 「クエン酸水」を作って磨くといいでしょう。   クエン酸水は一度作っておけば、 次回からシュッシュッ!とスプレーして スポンジで磨くだけでいいので掃除が楽になります。     クエン酸水の作り方 作り方は簡単です。 クエン酸小さじ1/2と水100mlを スプレーボトルに入れて シャカシャカ振り混ぜるだけです。 スプレーボトルは100円ショップで売っているので、…

Read More
ダイソン空気清浄機付きファンヒーターのお手入れ

ダイソン空気清浄機付きファンヒーターのお手入れ

今日のお問い合わせは、 ダイソンの空気清浄機付きファンヒーターについて。   空気清浄機、ファンヒーター、扇風機の機能があり、 一年中使用できる製品で、 片づける必要がない、というスグレもの。   春は花粉などの空気清浄機として、 夏は扇風機・エアコンのサーキュレーターとして、 冬はファンヒーターとして使用可能です。   弊社では、残念ながら、 こちらの商品のクリーニングは 行なっておりませんが、 ご自身でできるお手入れ方法は下記のとおり。   まず、 電源プラグを抜いた状態であるこ と を 確 認 し 、 本 体 の 温度が完全に下がるまで 1~2時間 おいてからお手入れを行ってくださ い。   製品の表面にホコリが付着する ことがあります。   円形パーツ、 フィルターユニットなどに付着したホコリ は 乾いたもしくは水を固く絞った布で拭いてください。  …

Read More
プレジャーボートの室内清掃

プレジャーボートの室内清掃

今日のご相談は、 プレジャーボートの室内清掃。   プレジャーボートとは、 一般には遊覧用、娯楽用、競争用の 総トン数 20 トン未満程度の小型滑走艇を指します。   ちなみに加山雄三さんが所有していた 「光進丸」は104トンで 25mプールよりも大きいらしい。     で、船の室内は、ラウンジあり、キッチンあり、 エアコン付きと、 さしずめ水上を移動できる別荘といったところ。   常に湿気がつきものなので、 室内はカビとの戦いとなるようです。     クリーニングは、通常のルームクリーニング同様、 水まわり(トイレ、シャワールーム、キッチン)、 座席シート、窓、エアコン、電子レンジ、冷蔵庫等の 汚れ落しとなります。   特に水まわりは、 閑散期など、 長期間使用しない間に 水垢やカルシウム等が付着し なかなか落とせない頑固な汚れになってしまいます。     船底などのメンテナンスとともに 室内も清潔に保つことがクルージングの快適さに繋がります。  

Read More
図書館の椅子清掃

図書館の椅子清掃

今回は、 国立大学から図書館の椅子のご依頼。     毎日利用されるソファや椅子には、 気づかないうちに汗や手垢、 食べもののシミといった汚れが付着し、 溜まっていきます。   こうした汚れには、 クリーニングのノウハウが重要になります。     1.頑固な汚れもしっかり撃退   お手入れが難しいソファや椅子の シミや黒ずみ、手垢といった頑固な汚れは、 専門業者ならではの高い技術でしっかり、 スッキリ洗浄。   時間も手間もかけずに、 効果的なクリーニングが行えます。     2.ダニの繁殖防止にも効果的   とくに布張りのソファや椅子は性質上、 ダニの温床になりがち。   そのまま放置しておくとどんどん繁殖して 非常に不衛生な状況になってしまいます。   プロの手によるクリーニングなら、 布地の奥深くに入り込んだダニの死骸や 糞などのダニアレルゲンも しっかり除去することができます。     3.素材の色がよみがえり明るい雰囲気に  …

Read More
学校の手洗い場 

学校の手洗い場 

今回は、横浜市の中学校から 手洗い場のシンクをピカピカにしたいとのご依頼。     新型コロナウイルス感染症対策として 文部科学省が示す、 「学校の新しい生活様式」の行動基準の中に 接触感染を避ける方法として手洗いの徹底があります。   手洗いのタイミングには、 「外から教室に入るとき」 「咳やくしゃみ、鼻をかんだとき」 「給食の前後」「掃除の後」「トイレの後」 「共有のものを触ったとき」 の6つが挙げられています。     多くの児童・生徒が利用する手洗い場は 常に衛生的である必要があります。     普段は生徒たちが掃除をしているそうですが、 掃除はおざなりになりがちで、 石けんカスの汚れが蓄積されている模様。   そこで、一度プロに掃除を行なってもらい、 徹底的にキレイにしたあと、 生徒一人ひとりの意識改革を図り、 手洗いの徹底を促したいという 先生方の発案で決まったそう。     明るく、伸び伸びと勉強できる環境で重要なのは、 安全で、清潔で、美しい建物ではないでしょうか。   すべての学校では清掃美化に日々力を注がれています。   生徒たちが自らの手で美しい学校を作るという行為は、 仲間意識を持たせ、情操を養い、 責任感を育てる上で一番身近であり、重要なことです。…

Read More
夏の終わりのエアコン掃除

夏の終わりのエアコン掃除

冷房・暖房に、 最近は除湿や過湿、換気、空清もできるエアコンは、 年間通じて使用するエアコン。   特に今年の夏は在宅ワークなどで フル稼動だったご家庭も多いのでは。   冷房を使う前にクリーニングされる方は多いですが、 冷房使用後も次のシーズンに快適に使用できるよう お手入れをお勧めします。     フィルターはいつものように 掃除機でホコリを吸い取ります。   汚れの付着がある場合は、 台所用中性洗剤やブラシを使い、 洗っておきましょう。   このあと、しっかり乾かすことをお忘れなく。     次に送風機能か暖房機能を使って内部を乾燥させます。   内部クリーン機能のあるエアコンは、 こちらの機能を使います。     冷房や除湿を使うと、冷えた内部が結露して、 エアコンの中に水滴が溜まったような状態になります。   ちょうど冷たいグラスに水滴がつくのと同じです。   そのまま放置すると水分とほこりが一緒になって、 黒カビの発生につながります。   冷房のシーズンを終えたあとに内部を乾燥させることで 黒カビの発生をグンと減らすことができます。    …

Read More
洗濯槽の隙間に物を落とした場合の対処法

洗濯槽の隙間に物を落とした場合の対処法

今日のご相談は、 洗濯槽の隙間に物を落としてしまった、 というもの。     取扱説明書によると、 「洗濯機の洗濯槽と本体の間は、 洗濯槽を吊っている吊り棒以外は 空洞になっております。 そのため落下物空洞の中を通り抜けて、 洗濯機が設置している床部分へ 落下している可能性があります。 注意していただきながら、 本体を少し持ち上げていただき、 本体下の床部分をご確認ください。」     まず、洗濯機の中身を空にし、 洗濯機の電源を切り、 コンセントを抜きましょう。   洗濯機の中身を空にし電源を切ったら、 次は洗濯機の排水ホースを外しておきましょう。   ここまでの準備ができたら、 洗濯機を傾けて洗濯機の底を確認します。   洗濯機は重量がかなりあるので、 傾ける作業はできれば大人2人で 行うようにした方が安全です。   もし、洗濯機を傾けて底を探してみても、 落としたものが見つからない… という場合は洗濯機のキャビネットを 分解して落とし物を探しましょう。   洗濯機の前のパネルはドライバーで 取り外す事ができる場合が多いので、 洗濯機の前面パネルを一度外すと 落とし物が見つかる可能性があります。…

Read More
ガスエアコンのお手入れ

ガスエアコンのお手入れ

本日のご相談は、ガスエアコンの床置き型。   エアコンといえば、 電気代がかかるイメージが強いですが、 ガスを利用したエアコンもあります。   ガスエアコンは、 お湯を沸かして室内を温めることができるので 効率が良く、 電気代の削減にもなるエコな機器です。   かつては大手のメーカーからも いろいろな機種が販売されていましたが、 家庭用に導入するには初期費用が 高額すぎるなどの理由から、 市場が広がることはなかったようです。   電気式のエアコンの性能が上がったことも、 ガスエアコンが衰退していった 要因のひとつといえるでしょう。   現在では家庭用のガスエアコンの 製造・販売は終了しており、 故障時には部品を取り寄せることもできないため、 修理することも難しくなっています。   そのため、クリーニングする業者は、 弊社も含めほとんどいない状況です。   東京ガスか販売店に相談されるのが良いかと 思います。     お客様ご自身でできる日頃のお手入れは、 以下の通り。     シーズンの初め、 および1週間に1回以上は次の手順で清掃しましょう。  …

Read More