電子レンジのおそうじ

電子レンジのおそうじ

電子レンジは、 普段は扉が閉まっていてあまり中を見る機会が少ないためか、 手入れを後回しにしてしまいがちな家電のひとつです。   しかし、電子レンジは食品を温める場所。 いつも清潔な状態を保ちたいですね。     電子レンジ庫内の臭い   電子レンジ庫内に饐えたような臭いが こもることがあります。   これは加熱中に飛び散った 食品の汁や欠片が残っていたり、 食品から出た蒸気を十分に逃がさないまま 電子レンジのドアを閉めている等が原因です。     汚れの落とし方 基本のアルカリスプレーで拭く(軽い臭い向き)   ・食品の欠片など、手や布巾で取り除けるものはあらかじめ取り除いておく   ・庫内にアルカリスプレーを吹きかける   ・布巾で庫内を丁寧に拭き掃除する   ・仕上げに、きれいな水で固く絞った布巾で清め拭きをする   焼き切る(オーブン機能付き電子レンジ限定)   ・庫内に何も入っていないことを確認する   ・オーブンの設定温度を最高温度にセットし、 しばらく加熱する   ・庫内が冷えてから状態を確認し、 臭いが残っていたらもう一度加熱してみる  …

Read More
食器洗い乾燥機のおそうじ

食器洗い乾燥機のおそうじ

食器洗い乾燥機の臭い   食器洗い乾燥機を使い続けていると、 庫内に生臭いような不快な臭いが こもることがあります。 食べ物のかすなどを取り除いても解決しない時は 酸素系漂白剤で 庫内を洗ってみましょう。   強力な酸化パワーで臭いを すっきり取り除いてくれます。     汚れの落とし方   ・排水部の金属フィルター (「残菜フィルター」などと呼ばれる)を確認し、 食べ物のかすが残っていれば取り除く ・酸素系漂白剤を小さじ1~2程度入れ、 ワンサイクル運転する ・運転が終わったらすぐにドアを開け、 庫内に湿気がこもらないようにする     普段から、 酸素系漂白剤の配合量が多い専用洗剤を常用すると 臭い予防になります。   食器洗い乾燥機のドアはできるだけ開けておくと 庫内に臭いがこもりにくくなります。   排水部の金属フィルターにひっかかった 食べ物のかすが腐って臭うこともあります。 気づいたら小まめに取り除きましょう。   食器を食器洗い乾燥機にセットするときは 食べ残しをできるだけ取り除いてから 庫内に入れるようにしましょう。    …

Read More
魚焼きグリルの汚れ

魚焼きグリルの汚れ

魚焼きグリルの汚れを気にされての ご依頼が増えています。   魚焼きグリルの掃除はちょっと気が重いですね。   魚焼きグリルの汚れの原因は 「魚のあぶら」と「焦げつき」です。   魚焼きグリルは、 魚に含まれる余分なあぶらを落としながら 焼き上げる仕組みになっています。   そのためグリル内では 魚のあぶらが網や受け皿に残り、 また庫内にもはねたあぶらが付着してしまいます。   これが「魚のあぶら」による汚れです。   また、魚を焼くときに、グリルの網部分に 張り付く魚の身などが焦げると 「焦げつき」の汚れになります。   「あぶらの汚れ」も「焦げつきの汚れ」も グリル使用後、 温かいうちに拭き取るのが鉄則です。   そうすれば汚れは簡単に落ちます。   しかし、汚れを放置してしまうと 汚れは頑固なこびりつき汚れに変わり、 やがてニオイの原因にもなってしまいます。   網は魚を直接乗せる部分なので、 つねに清潔にしておくため 使用後は必ず掃除しましょう。   使用後すぐであれば、 汚れがこびりつく前なので 「台所用の中性洗剤」をつけたスポンジで 汚れをこすり落とし、…

Read More
お風呂のカビ予防

お風呂のカビ予防

入浴は1日の終わりの大事なリラックスタイム。 そこでカビを見つけてしまうと気分も半減しますね。   きちんと風呂掃除を行うのは大前提として、 その他にカビ予防を心がけましょう。       汚れを残さない   体から出た垢や皮脂、石鹸カス、シャンプーや トリートメント、食品系の入浴剤、 入浴中に使ったマッサージオイルなどは 全てカビの餌になります。   浴室に残らないよう、 入浴のついでに洗い流しておきましょう。       水気を取り除く   入浴を終えて浴室を出る時に壁や天井についた水滴を できるだけ落としておきます。   スクィージーを使うと効率的に水滴を取り除けます。 スクィージーとは、窓掃除によく利用されるT型をした 掃除道具です。   スクィージーが無い時や、使いにくい凸凹の面は 乾いた雑巾やタオルで拭いておきます。       換気を良くする   湿気はカビを呼びます。 常に窓を開けておく、 換気扇を回す等して湿気がこもらないようにします。  …

Read More
冷蔵庫かんたん掃除

冷蔵庫かんたん掃除

暑くなってくると、 冷蔵庫の開閉がひんぱんになります。   新型コロナウイルスや食中毒などの感染を防ぐためにも 食べ物を入れる冷蔵庫は衛生的に保ちたいですね。     今日は簡単にできる掃除をご紹介。     まずは冷蔵庫内の汚れを落としましょう。 軽い汚れ掃除   毎日の家事のついでに簡単拭き掃除をしましょう。   空いている冷蔵庫の棚を 布巾やキッチンペーパーに アルコール除菌スプレーを含ませて拭くだけ。 アルコールはすぐに乾くので二度拭きいらずな上、 凍らないので冷凍庫の掃除も簡単にできます。   日々行うことで汚れが溜まらないので 大がかりな掃除をする回数が減らせます。     本格的な掃除   年に1.2回は本格的な掃除をしましょう。   ・食品を外に出し、 棚板やポケットの部品など外せる部品は外して 食器用洗剤で洗って乾かします。 ・外せない部分は水拭きします。   ・特に汚れているところはアルカリスプレーで。 重曹なら水100mlに対して小さじ1、 セスキ炭酸ソーダなら 水100mlに対して1gを溶かしスプレーに入れ アルカリスプレーを作ります。 このアルカリスプレーを…

Read More
洗濯機の黒カビ

洗濯機の黒カビ

この時期に多いご相談は、 エアコンの次に洗濯機のカビです。 洗濯槽に黒カビが生え易いのは、 黒カビとって快適な生育条件が揃っているからです。   それらの好条件をなくしてやれば、 黒カビを減らすことができます。     カビは生き物なので、 生きてゆくためにエサが必要です。   以下のような物はすべて黒カビのエサになります。 ・洗濯時に溶け残った石鹸や洗剤 ・酸性石鹸 ※石鹸カスの一種。 汚れに対して石鹸や洗剤が極端に不足したときにできる ネトネトした物質 ・金属石鹸 ※石鹸カスの一種。 石鹸と水中のミネラル分が反応してできる粉末状の物質 ・服に付いていた食べ残しなど     カビは相対湿度75~100%でよく増えます。   洗濯後に洗濯槽に残る程度の水気は、 カビの繁殖にとても都合がよいのです。   洗濯機のフタを閉めたままにする、 汚れ物を洗濯槽に溜めておく等も 洗濯槽を湿気させる一因です。   カビが繁殖しやすい温度は20~30℃。 外気温がこの温度帯になりやすい 春~秋が最も要注意です。   しかし、冬でも油断はできません。   気温5℃以下でも成長する菌類もいます。…

Read More
夏場の生ゴミ

夏場の生ゴミ

高温多湿の夏は 生ゴミの始末に困ることが多いですね。   雑菌が繁殖しやすく、 悪臭や害虫が発生する原因にもなります。   また、7月1日から始まったレジ袋の原則有料化により、 今までレジ袋を生ゴミ入れに使用していた方は 生ゴミの捨て方に苦慮されているのでは?     ゴミの臭いを抑えるためには、 ぬらさないことが鉄則。   一般家庭のゴミの約3分の1が生ゴミで、 生ゴミの約80%が水分といわれています。 生ゴミに水分が残っていればいるほど腐敗が早まり、 悪臭の元となります。   例えば調理の際、 皮をむいてから野菜を洗うと 皮をぬらさずにすみます。   むいた皮や果物の種などは 三角コーナーや排水口にためず、 新聞紙やチラシなどでくるみます。   牛乳パックもおすすめ。   水分を吸収できる上、 直接生ゴミが見えないため、 ご近所への配慮にもつながります。   特に生臭い魚の内臓などは、 冷凍することもお勧めです。   紙でくるんで中身が見えないようにしてから、 ゴミ収集日まで冷凍室で保存します。    …

Read More
クロスの汚れ

クロスの汚れ

今日はクロス壁の汚れについてご相談がありました。     壁紙は汚れが蓄積すると 黒ずんだりカビの原因となるため、 こまめに汚れを落とすことが大切です。     壁紙の黒ずみや手垢汚れが気になった場合は、 台所用中性洗剤と雑巾2枚を用意して 以下の掃除を行いましょう。   ・水に濡らし固く絞った布巾に台所用中性洗剤を数滴垂らす ・壁を上から下に拭いていく ・洗剤のついていない濡れ布巾で水拭きする ・乾いた布巾で乾拭きする ※力を入れすぎると壁紙を傷めてしまうので、 優しく丁寧に拭きましょう。   この方法でほとんどの汚れは落ちるでしょう。   しかし、それでも落ちない汚れの場合、 その汚れに合った掃除方法を行うのがおすすめです。     以下で汚れ別の効果的な掃除方法を説明します。     手垢や皮脂、煙草のヤニなどの油汚れ 壁紙をもっとも汚すのは、 手垢や皮脂、煙草のヤニといった油汚れです。   中性洗剤を使っても落ちない頑固な油汚れは、 重曹水(水100mlに重曹小さじ1杯を混ぜたもの)がおすすめ。   掃除の仕方は、 まずハンディモップでホコリを落とし 雑巾で水拭きをして表面をきれいにしたあと、 重曹水を汚れの部分に振りかけます。 そして水拭きで重曹水を拭き取ったあと、…

Read More
エアコンが冷えない 効きが悪い その原因

エアコンが冷えない 効きが悪い その原因

今日のご質問は 「10年以上使用しているエアコンの効きが悪い、 クリーニングすることで冷えるようになるか?」 というもの。   エアコンが冷えないといった効きの悪さは 大きく4つの原因が考えられます。     ・フィルターや内部の汚れ エアコンの室内機が汚れていると熱交換などが 上手くいかずに能力が低下します。   特にエアコンのフィルターの汚れは ニオイの原因にもなりますし、 部屋が冷えない原因にもなります。   1、2週間に1回くらいの割合で フィルターを掃除するだけで、 冷えないという症状が改善されることも よくあります。   エアコン内部の汚れは自分で掃除するのは エアコンの故障につながるおそれがあるため、 専門業者に清掃を依頼するのが安心です。     ・エアコンの室外機に問題がある 冷房の効きが悪い原因で意外と多いのが室外機。   エアコンの室外機の設置場所や設置状況により 室外機自体が熱くなることがあります。   室外機が熱を持った状態になっていると、 冷媒ガスの熱交換が効果的に行われず、 冷媒ガスは熱を排出できないまま 室内機へ戻ってしまいます。   室外機が熱を持っているようであれば、 まずは周りにある物を片づけます。…

Read More
エコ掃除のきほん ハーブを使って

エコ掃除のきほん ハーブを使って

ハーブは香りのよさもさることながら、 殺菌や抗菌、消毒などのさまざまな効果があり、 古くから薬や美容、調理にと幅広く使われています。   まさに生活の必需品。   生のハーブを切って 室内に飾っておくだけでも、 いい香りが広がって、 リフレッシュできます。     今回は消毒効果の高い 「ハーブスプレー」を作ります。   ミント、タイム、レモンバームなどの フレッシュハーブを100gほど用意します。   電子レンジで、 ハーブがパリッと乾燥するまで加熱します。 ※市販の乾燥ハーブも可   乾燥させたハーブを手でほぐし、 葉を細かく砕き、茎は折っておきます。   瓶にハーブを入れ、 ウォッカ400㎖を注ぎます。 ※掃除に使うなら、 アルコール度の高いウォッカがおすすめ 1日おいて、 ウォッカのツンとした匂いが消え、 ハーブの香りがついたら完成。 茶こしなどでハーブを漉して、 密閉瓶に入れます。     ウォッカとハーブで作ったハーブスプレーは トイレ掃除で活躍します。 毎日欠かせないトイレ掃除。  …

Read More