玄関はお掃除簡単エリア

玄関はお掃除簡単エリア

今年のスギ花粉は、飛散するペースが早いとか。   そこで、今日は、 花粉の侵入経路となる玄関を 10分掃除しましょう。   人の目につきやすく、 風水でも「よい運気」を招き入れるための 重要なお掃除エリアです。   水拭き雑巾とカラ拭き雑巾を用意。   まず、玄関の外から。   ドアホンや表札の表面を 水拭き雑巾→カラ拭き雑巾で拭き掃除。   毎日触れるドアノブも念入りに。   次に内側。   靴は出しっぱなしにせず、 靴箱へ。   ドアノブ、敷居、傘立なども 雑巾2種で拭き掃除。 ドアクローザーの上も忘れずに。 三和土のホコリなどを掃除機で吸い取り、 雑巾2種で拭き上げ、完了。   大理石の床の場合は水分でシミになることがあるので、 固く絞った雑巾のみで拭き上げます。   ここまでの過程を週に1、2度行えると 良い運気が流れてきそう。   余裕がある時は靴箱の掃除。   靴が収納内に収まりきらない場合は、 思い切って処分。…

Read More
両辺をよごすことなかれ 其の二

両辺をよごすことなかれ 其の二

さて、会社のトイレ。   前居住者の残していったトイレの汚れ。 トイレクイックルで拭くだけでは落ちない尿石です。   サンポールを染み込ませたトイレットペーパーで10分ほど湿布します。 スポンジで擦って、まだ落ちないようなら、さらに10分ほど放置します。   これでも落ちないガンコな尿石は、物理的に削り落とします。   便器の尿石落としには、 ホームセンターなどで販売されている耐水性のサンドペーパーや陶器用の研磨パッドが適しています。   ここでは、スコッチブライトを使用します。 指が入らない細かい部分などは マイナスドライバーのような道具を使うのも有効です。 (あくまで陶器製の便器の場合です)   これでも落ちなければ、最終兵器。 高森コーキの尿石おとしバブルです。 多少お値段は張りますが、効果は抜群!   が、ご自身ではちょっと面倒…という方は、 プロにご依頼ください。   キレイなトイレで気分もスッキリ!     ◇注意◇ 酸性洗剤はアルカリ性の洗剤と混ざると有害なガスが発生するので、 酸性洗剤を使った後に他の洗剤を使うときは必ずよく洗いながしてから使用してください。 また酸性洗剤が金属部分にかかると、 酸によって金属が焼けてしまい変色の原因になるので、 もし洗剤がかかってしまったら直ぐに水で洗いながして下さい。 ここでは陶器製の便器の場合をご紹介しました。 樹脂素材などの場合はそれぞれのメーカーの推薦している方法でお掃除してください。  

Read More
両辺を汚すことなかれ 其の一

両辺を汚すことなかれ 其の一

  毎日お世話になるトイレ。   そのトイレを汚すなという道元禅師の教えです。   家のトイレでは当たり前にできることが 公衆のトイレだとなおざりに。   そこがキレイなトイレだったら、おそらく多くの方はキレイに使用して出ていくでしょう。 でもそこがあまりキレイではないトイレだったら、 他の人が汚した分もキレイにして出ることができるでしょうか。   人が見ていないところだからこそ、 そのひととなりが試される、 トイレは修行の場なのです。     公衆トイレの行はハードルが高いので、 まずは、家庭のトイレ行から。   汚れをためないことが一番大事なので、 ラクに続けられる10分間掃除を習慣づけましょう。   トイレクイックルで便座から床まで拭き、 便器の中はクエン酸水(昨日のブログ参照)と ブラシでこすり洗い。   臭いの元となりやすい トイレマットやスリッパなどはこまめに洗うことも 忘れずに。 お掃除をラクにするためにあえて使わないという選択もありますね。     さて、紺屋の白袴状態の会社のトイレ。 ようやく掃除ブラシを購入したので、 ここから新たな修行が始まります(笑)  

Read More
空気清浄機もスッキリ

空気清浄機もスッキリ

今日は空気清浄機のお手入れについて。   メーカーによりお手入方法に違いがあるので、 各メーカーの取扱説明書を参考にしてください。   ここでは、 2週間に一度のフィルター掃除と 1ヶ月に一度の過湿機能部分の掃除を 推奨している機種について ご紹介します。     集塵フィルターは 10年間交換不要となっているので、 掃除が不要と思われている方も少なくないでしょう。   実際に中を確認してみると プレフィルターはこのような状態。   集塵フィルターも。   フィルター類は お部屋の掃除のついでに 2週間に一度くらの周期で 掃除機でやさしくホコリを吸い取ります。   集塵フィルターについては 掃除機不可というものもあるので、要注意。   加湿機能付きのものは、 加湿機能部分の掃除を1ヶ月の一度くらいの目安で。   過湿機能部分には水垢が結構付着しています。   こちらはクエン酸による浸けおき洗いが有効。   用意するものは、 クエン酸(100円ショップで手に入ります) と45ℓゴミ袋  …

Read More
花粉対策には…

花粉対策には…

花粉の季節到来。   花粉症のつらい時期、 マスクやメガネなど、 あらゆる装備で徹底している方も多いと思います。   そのなかでも特に心強い花粉対策のツールといえば「空気清浄機」。   空気清浄機の基本的な働きは、 ウイルスやホコリ、 ハウスダスト、花粉、 ダニの死骸・フンに タバコ・ペットなどの臭いを吸い込み、 フィルターでろ過して キレイな空気をファンで部屋に送り出すことです。   また、空気清浄機の中には、 加湿機能や除湿機能を兼ね備えたモデルもあり、 空気清浄と加湿を併用する事で、 ウイルス予防※の効果を高める事ができます。 (※コロナウイルス感染予防には期待できないらしい…)     花粉対策として空気清浄機を導入するなら、 花粉の侵入経路から リビングと玄関に設置するのが効果的。   お部屋の空気をキレイにする空気清浄機ですが、 お手入れを怠ると清浄機能の効率の悪さから 電気代がかさんだり、悪臭を放つ原因となります。      そこで次回はお手入れ方法について ご紹介したいと思います。

Read More
紺屋の白袴

紺屋の白袴

引越しました。   武蔵小杉の賑わいから、 一転、 竹林と畑の広がる港北区高田町へ。   お掃除屋さんだから、 転居先もさぞかしキレイにしたのだろうと 思われるでしょうが、 内装工事をギリギリまでやっていたため 掃除まで手が回らなかったのでした。     暗い帰り道、 遠く武蔵小杉のタワマン群が見えます。   都落ち? いえいえ、 さらなるチャレンジのための 環境作りです。  

Read More
立つ鳥跡を濁さず

立つ鳥跡を濁さず

引越します。   現在の机の前の様子です。   昭和を偲ばせるアパートから 一躍華々しい武蔵小杉の地へ越して早5年。   店舗へ立ち寄り、 ご依頼くださるお客様も増え、 武蔵小杉での認知度も少し高まり、 移転を残念に思ってくださるお客様もいらして 恵まれた5年だったと思います。   さぁ、明日は丁寧に締めくくりができるでしょうか。   「去り際、終わり際にこそ、人格が現れる」 といいます。   5年間お世話になった店舗を入居時よりもキレイにして 次の方へお渡しする、 当たり前のことですが、 こうした基本的な行いをひとつひとつ大事にして 爽やかな痕跡を残したい。   5年間ありがとうございました!

Read More
ホコリのない生活のススメ

ホコリのない生活のススメ

お部屋が片付くと 掃除がしやすくなりますね。   せっかくお部屋がスッキリしたのだから キレイを維持するためにも 掃除の習慣をつけましょう。   掃除を始めると あっちもこっちも気になって 手を広げるうちに 疲れ果て、 途中で投げ出したくなることも…。   無理なく続けるために 場所と時間を区切って行う方法を ご提案します。   まずは、リビング 掃除の鉄則は 上から下へ ということで、 天井→照明器具→壁→家具・家電→床 と順にホコリを拭い取ります。 この間の換気を忘れずに。   はい、今日はここまで。 ものの10分ほどで終わる作業でしょうか。   10分ほどの掃除を毎日継続することで ホコリをためない仕組みを作ることが 大切です。     そもそもホコリとは何でしょう。   ホコリとは、 土砂ボコリ・昆虫の死骸やフン・花粉・煙や排ガス。 布団や衣類から発生する綿ボコリ・食べこぼし等の食品クズ 畳や紙から発生する繊維クズ・髪の毛・フケ・ペットの毛などの総称です。  …

Read More
たかがゴミ、されどゴミ

たかがゴミ、されどゴミ

28文字に触発され 不要なモノを次々排出。   ミニマリストと称する方よりも 持ち物は少ないと自負しておりましたが、 まだまだ甘かった…。     さて、ここで悩むのが ゴミの分別。   これが面倒で捨てられない、 という方も多いのでは?     大きく分けると下記4つ。   燃やすゴミ プラスチック製容器包装 缶・びん・ペットボトル 粗大ゴミ     この中で頭を悩ますのが プラスチック製容器包装ではないでしょうか。   https://www.youtube.com/watch?v=awjdmpqz-a0#action=share 目からウロコです。     ゴミは ゴミ集積所に出したら、おしまいではなく ゴミを出した先に思いを馳せることが大事。   読むと、 分別せずにはいられなくなります。  

Read More
28文字で片付け上手に?

28文字で片付け上手に?

今日の下着で救急車に乗れるか?   強烈な言葉に思わず手に取った本。 「28文字の片づけ」     ハウスクリーニングを依頼されるお客様には、 お部屋の中にモノが少なく スッキリした暮らしをされている方がいらっしゃる一方、 モノが多く、 掃除がしづらいことが原因で さらに家の中が散らかっていくという 悪循環に陥っている方も。     家の中が散らかっているからといって、 何でもかんでも即、捨てるわけにはいかない。   まだ、使えるとか、 いただき物だからとか、 いつか使えるかも、とか。     なかなか片付けられない方の 背中を容赦なく押してくれるのが この本です。     短い言葉だからこそ 直球で心に飛び込んできて、 絶妙な表現は まさに言い得て妙。   モノを処分する理由が明確になるので、 捨てるうしろめたさが軽減され、 無理なく片付けが進んでいく…   片付けられない人、必見です!

Read More