床暖房の上のカーペット お手入れ

床暖房の上のカーペット お手入れ

カーペットは柔らかく、 上に座ったり寝転んだりすると気持ちよく過ごせます。 また、小さなお子さんのいるご家庭の場合、 階下への足音を軽減したり、 転んだときの衝撃を吸収するといったメリットがあります。 そのため、床暖房のフローリングの上にカーペット類を敷くご家庭もあるようです。   床暖房の上にカーペット類を敷くと、 ある温度に設定した場合でも、 カーペット自体が床の放熱を断熱することになるので、 部屋を暖めるためには支障が出てきます。   メーカーでは、 「カーペットを敷くことは 部屋が暖まりにくくなるのであまりお薦めできません。 もし敷くのであれば出来る限り薄い、毛足を含めた厚みが8mm以内のカーペット等にして下さい。」 と案内しています。   どうしてもカーペットを敷きたい場合は、 熱に強い床暖房対応のカーペットの中から なるべく薄手のものを選ぶか、面積が小さめのものを選ぶとよいでしょう。     今回はそのカーペットのお手入れ方法について。   小さめのカーペットやラグなどで洗濯可能なものは 洗濯機で丸洗いしましょう。 ※必ず、商品タグを確認してください。   洗えないものは、まず掃除機がけから。 ・掃除機かけの頻度は週に2回以上。 ・1㎡あたり20~30秒のスピード(普通のスピードの3分の1くらい)。 ・毛足を起こすように、タテ・ヨコ両方向からかける   月に1回は、固くしぼった雑巾でカーペットの表面を拭き掃除します。 拭き掃除の手順 ・薄めた中性洗剤に雑巾を浸し、固くしぼってからカーペットの表面を拭く。 ・雑巾をよく洗い水に浸し、固くしぼってからおなじ場所を仕上げ拭きする。 部分的な汚れは薄めた台所用洗剤(中性)にタオルなどを浸してしぼり、 拭き取ってください。…

Read More
床暖房のフローリング お手入れ

床暖房のフローリング お手入れ

床暖房の魅力を一言でいうと 「足元から暖めてくれるその心地よさ」でしょう。 床暖房は、触れている部分から直接暖かさが伝わってくるため、 足元をダイレクトに暖めることができます。   お手入れは基本的には床暖の入っていないフローリングと同じです。   毎日の簡単掃除 【用意するもの】 化学モップ、掃除機、ぞうきん、化学ぞうきん ※化学モップ・化学ぞうきんについて ・ドライタイプをご使用ください。 ・長時間床に放置すると変色するおそれがありますのでご注意ください。 ・濡れた箇所には、ご使用にならないでください。 (化学成分が水にとけて床に広がってしまいます。)   日常は、化学モップやぞうきんでのから拭きで十分です。 掃除機では取りにくいホコリなどが取れ、 床の美しいツヤを保つことができます。     から拭きで落ちない汚れは、 ぞうきんを濡らし固く絞ってから、拭き取ります。 それでも落ちない場合は、水に少量の中性洗剤を入れ、 ぞうきんに染み込ませて拭き取ってください。     半年か1年に一度、ワックスがけをしましょう。 ※アレル物質抑制機能付きの床は、ワックスがけをすると、 アレル物質が塗装面に直接触れなくなるため効果が発揮できなくなります。 ※ワックスがけをする場合は、電源を切って床が冷たい状態を確認してから、行ってください。 ※ワックスがけの前後で化学モップ・化学ぞうきんはご使用にならないでください。   【用意するもの】 水性樹脂タイプのワックス、ワックス専用モップ、乾いたモップ、ぞうきん   まずは汚れを取りましょう。 乾いたモップやぞうきんで汚れを取ります。 汚れや洗剤が残っていると、ワックスがきれいに塗れない場合があります。  …

Read More
シャワーホースの黒カビ

シャワーホースの黒カビ

室の床や壁、浴槽はこまめに洗っていても ついつい忘れがちになってしまうシャワーホース。 意外と見落としがちな場所なため 気づいたときには黒カビができていたなんてことも。   そもそもどうしてシャワーホースに黒カビが生えてしまうのでしょうか。 浴室は湿度が高く、カビが繁殖しやすい空間な上、 シャワーホースには石けんカスや、皮脂、手垢など カビの栄養分となるものがたくさん付着しています。 また、一般的なシャワーホースはPVC(ポリ塩化ビニル)でできているため、 黒カビが繁殖しやすいです。   シャワーホースに黒カビができても、 軽めのものならお風呂用洗剤でこすれば落とせます。 しかしそれでは落ちない黒カビの黒ずみには、 塩素系漂白剤を使いましょう。   ・まず、カビ取り前に皮膚を保護しましょう。 手袋、マスク、ゴーグル、長袖・長ズボンを身に着け、肌を保護します。   ・シャワーホースに漂白剤をかけます。 泡タイプやジェルタイプのものですと、垂れ落ちることがないのでおすすめです。   ・10~15分程置く カビがひどい場合は20~30分ほど置きます。 放置する時間が長いほうが効果が高まります。 ただし放置しすぎはホースを劣化させることがあるので注意しましょう。   ・よくすすぎます。 漂白剤が残らないようにしっかりと流水ですすげば完了。 まだカビが残っているようであれば歯ブラシを使ってこすり落とします。       シャワーホースにできる黒カビのほとんどは、 塩素系漂白剤を使えばキレイにできるはず。 しかし、長い間放置していた黒カビは 深くまで根を張っているため、落としきれないこともあります。 そんなときは、シャワーホースを取り替えるという方法も。  …

Read More
浴室蛇口(カラン)の掃除

浴室蛇口(カラン)の掃除

浴室に限りませんが、 カラン等金具の部分を磨いておくと まわりもとてもきれいに見えます。 急な来客時など、とりあえず蛇口まわりを掃除するだけで 見映えがかなり違います。 また、水滴をこまめに拭きとることもポイントです。       ふだんのお掃除方法 【用意するもの】 メラミンフォームのスポンジ・ぞうきん 【方法】   ・水で湿らせたメラミンフォームのスポンジで、蛇口やそのまわりをこすります。 ・水をかけ、汚れを洗い流します。 ・乾いたぞうきんで、蛇口まわりの水気を拭き取ります。     念入りなお掃除 【用意するもの】 メラミンフォームのスポンジ・ジーンズ地など・ぞうきん・ゴム手袋 クリームクレンザー 【方法】   ・洗剤を使用する場合は、ゴム手袋をはめます。 液がたれないよう端の部分を少し折り返します。 ・水で湿らせたメラミンフォームのスポンジで、蛇口やそのまわりをこすります。 ・汚れが取れない場合は、水で湿らせたジーンズ地などに クリームクレンザーをつけ、蛇口の金属部分をこすります。 ・同様に、水道の根元部分もこすります。 水道の根元部分は、細いブラシやメガネクロスなどでこすると、 細かい部分もよく取れます。     お風呂から上がるときは、 タオルなどで軽く水気を取っておくだけでも 水垢予防には効果的です。 毎日の習慣にしてみてはいかがでしょうか。  …

Read More
浴室蛇口(カラン)の白い汚れ

浴室蛇口(カラン)の白い汚れ

しばらくお掃除をサボったら、 いつの間にか蛇口に白い汚れが・・・ということがあると思います。   この白い汚れの原因をいくつかご紹介します。   ・水垢 蛇口が白くなる原因で一番多いのがこの『水垢』。 水垢は水道水に含まれるミネラル(カルシウム・マグネシウムなど)が 固まってできる汚れです。 水垢汚れは時間が経てば経つほど固くこびりついてしまい、 落ちにくくなります。 また、水垢はそのままにしておくとカビのエサになり、 黒ずみができる原因にもなります。 水垢はアルカリ性の汚れなので 酸性の洗剤を使うことで、中和され 落としやすくなります。   ・せっけんカス せっけんが原因で白い汚れがつく場合もあります。 せっけんの成分と水垢が混ざると、 『金属石鹸』という物質ができます。 これも水垢と同じくアルカリ性の汚れなので、 酸性の洗剤を使って落とします。 せっけんカスもそのまま放置しておくと 水垢同様、カビが繁殖する原因にもなるため、 しっかり掃除しましょう。   ・皮脂汚れ 蛇口にぬめりが出ている場合は、 頭や体を洗った際に出る皮脂汚れが原因です。 皮脂汚れも上記二つの汚れ同様、放置するとカビのエサとなります。 この皮脂汚れは酸性の汚れのため、 アルカリ性の洗剤や重曹などを使うことできれいにすることができます。

Read More
浴室の天井掃除 その3

浴室の天井掃除 その3

浴室の天井掃除が終わったら、 そのキレイさを保つため、防カビくん煙剤を活用しましょう。   お風呂の防カビくん煙剤といえば、 ライオンの「ルックプラスお風呂の防カビくん煙剤」ですね。   スゴイのは、除菌力。 銀イオンを煙で飛ばすため 掃除しづらい天井や換気扇の裏側まで成分が行きわたり、 黒カビの原因菌を99.999%除菌できるそうです。   しかもその効果は2カ月ほど続くため、 定期的にこの煙をたけば、 塩素系カビ取り剤を使うような 手間のかかる浴室掃除をすることなく、 キレイな浴室を保てるとか。     使用方法は簡単。 同商品の容器に水を入れて浴室の真ん中に置くだけ。   使用前、浴室の換気を止めることをお忘れなく。 浴室に除菌成分を充満させるためです。 換気を止めずに使用すると、除菌成分が浴室に充満せず、 外へ排出されてしまいます。   24時間換気の機能がついている場合は停止させ、 浴室の窓があいている場合は閉めましょう。   シャンプーや洗面器などの小物類は、浴室に置いたままでOKだそう。 小物類も一緒に除菌できますね。 ただし、変色する可能性があるため、以下の材質は注意が必要です。 銅 しんちゅう トタン 観葉植物   防カビくん煙剤を使って除菌成分を充満させたあとは、 30分の換気が必要です。 24時間換気機能は運転を再開し、…

Read More
浴室の天井掃除 その2

浴室の天井掃除 その2

1週間に1度の簡易掃除をしていても カビが解消されない場合は、 カビ取り剤を使って掃除しましょう。     お掃除の仕方は下記のとおり。     用意するもの   ・カビ取り用洗剤 ・フロアワイパー ・ドライシート ・マスク ・ゴム手袋 ・ゴーグル     事前準備   カビ取り用洗剤は通常カビに直接吹きかけて使いますが、 天井に吹きかけると洗剤が垂れて目や口に入る恐れがあります。   そのため、天井のカビ取りを行う際は、 マスク、手袋さらにゴーグルを着用したうえで、 フロアワイパーとドライシートを使用し、 慎重にカビ取り用洗剤を塗布しましょう。   また、カビ取り用洗剤は、 衣類に付着すると色落ちの原因となります。   色落ちしてもよい服か、 色落ちが目立たない服を着用しましょう。   ポリエステル100%の衣類は カビ取り用洗剤がついても色落ちしないようです。   綿が少しでも含まれていると 色落ちしてしまうので気をつけましょう。  …

Read More
浴室の天井掃除 その1

浴室の天井掃除 その1

寒い季節。 湯船に浸かる至福のひととき。 見上げた先に黒いカビが…。   浴室は湿気が籠りやすく、 入浴するたびに天井にも水滴がつきます。    そしてそのまま放置される場合が多いため、 目に見えないカビ菌が繁殖しやすいのが天井です。    カビ菌が天井に潜んでいると、 上から下へと降り注ぎ、浴室中にカビ菌が蔓延してしまいます。   お風呂のカビが取っても取ってもすぐに発生してしまう…… という場合は、 天井の掃除の仕方に原因がある可能性が高いです。    まずは簡単な天井のお掃除の仕方を説明します。    用意するのは柄付きのブラシやモップだけです。 ウェットシートを付けたフロアワイパーでもいいでしょう。    ブラシやモップなら水に濡らし、 ウェットシートならそのままで天井を満遍なく拭くだけでOKです。   四隅も忘れずに拭いてくださいね。    数分足らずで終わってしまう掃除ですが、 こまめに行っていれば、カビが繁殖を妨げます。   週に1回程度行うのがオススメ。  

Read More
キッチンシンク下収納の臭い

キッチンシンク下収納の臭い

今回のご相談は キッチンシンク下収納の臭いについて   シンク下が臭い原因は主に以下の4つです。 ・シンク下のカビ、雑菌 ・配管の隙間 ・排水管の汚れ、つまり ・配管不良   原因① カビ シンク下は水道の配管があるので湿度がとても高く、 湿気が溜まりやすい場所です。 またシンク下は収納スペースになっているので、 ものを詰め込むことで さらに湿気がこもってしまい、 シンク下の壁や扉、収納しているものに カビや雑菌が繁殖しやすくなっています。   原因② 排水管の汚れ シンクには日々食べカスや油汚れ、洗剤などが流れます。 それらが排水管に蓄積されていき悪臭を放ちます。 さらに、放置すると水の流れが悪くなり、 やがて詰まってしまうことも。   原因③ 配管の隙間 配管とシンク下の接続口に隙間が空いていて、 その隙間から下水の臭いが漏れているのも原因のひとつです。   原因④配管不良 上の3つの理由でない場合には、もしかしたら配管不良かも。 この場合は自分の力ではどうにもできないので、 管理会社などに状況を見てもらい、対策をお願いしましょう。     次に対処方法です。   ①カビが原因の場合…

Read More
キッチンシンクのニオイ対策

キッチンシンクのニオイ対策

キッチンのシンクの排水口がにおう場合は ストレーナー(ゴミ受け)あたりに雑菌が繁殖している 場合が多いです。   ストレーナーやその下のパーツを外し、 漂白剤や重曹で清潔にしましょう。   泡タイプの漂白剤を使うと 簡単に効率的に汚れを落とすことができます。   ストレーナーにまんべんなく漂白剤を吹き付け、 ポリ袋に入れます。   水を少量加えて、口を縛り、 上下に20秒ほどシェークします。   そのあと15分ほどそのまま置き、水洗いします。   週に1回くらいのペースで行うのがオススメ。     排水管の途中には、 下水道からのニオイや害虫の侵入を防ぐために水をためる 「封水」という場所があります。   長期にキッチンを使用しないでいるとここの水が枯れ、 ニオイがあがってくることがあります。   水を流してためるようにしましょう。     また、排水管に蓄積した汚れによって 悪臭が発生することもあります。 油やゴミなどは極力流さないように配慮し、 定期的にパイプ用洗剤で洗浄しましょう。

Read More