和室のお掃除

和室のお掃除

日本ならではの和室。 日本古来のリラックスできるスペースですね。   そこで、今回は和室の掃除についてご紹介します。     まずは畳の掃除から。   直接横になったり 素足で過ごしたりすることの多い和室の畳は、 清潔な状態にしておくことが理想です。   しかし、畳は天然素材で作られているので フローリングと比較して 掃除方法に注意しなければなりません。   畳はカビが発生しやすかったり ダニが繁殖しやすかったりすることも特徴であり、 数ヶ月掃除をせずに放置すると 健康を害するリスクもあります。       掃除する時の大原則は、 畳の目に沿って掃除をすること。   目に逆らうと ヘリや畳の間に ホコリや細かなゴミが入ってしまいますし、 畳自体が傷みやすくなります。   まずほうきや掃除機で畳の目に沿って 大きなホコリを取ります。   その後、乾拭きで細かい汚れを取り除きます。   汚れが気になった場合のみ、 固く絞った雑巾で水拭きをしましょう。   雑巾を縦に持ち、しっかり固く絞りましょう。…

Read More
【利用者の声】いつも丁寧です 5.00

【利用者の声】いつも丁寧です 5.00

【利用者の声】いつも丁寧です 5.00               いつも綺麗に掃除をしてくれて助かっています。 エアコンのフィルター掃除をお願いしましたが、風呂やトイレの換気扇、キッチンの換気扇の掃除をお願いすることも多いです。   また大掃除の時に利用したいと考えております。

Read More
【利用者の声】レンジフードクリーニング

【利用者の声】レンジフードクリーニング

          製造から25年も経過した換気扇を限りなく綺麗にしていただけました。   迅速な動きで手際がいい。   また換気扇周りのシンクも清掃していただけました。 費用効果抜群だと思います。   今後はエアコン、キッチンも頼んでみたいと。    

Read More
【おそうじマスターズコラム】意外と汚れるお部屋の顔。カーテンの清潔を守る洗濯・お掃除の方法

【おそうじマスターズコラム】意外と汚れるお部屋の顔。カーテンの清潔を守る洗濯・お掃除の方法

意外と汚れるお部屋の顔。カーテンの清潔を守る洗濯・お掃除の方法 お部屋の印象を大きく左右するカーテン。 インテリアの代表格とも言えますが、きちんと綺麗にしていますか? お部屋は掃除しているけれど、カーテンは何年も放置…なんて人も多いのでは。 一見キレイに見えるカーテンも、実はハウスダストやカビの温床になりやすいポイント。お部屋の環境を守るためにも、定期的なお洗濯が大切です。 今回は、カーテンの清潔に保つためのお洗濯やお掃除の方法をご紹介します。                       生地を傷めず、しっかり洗浄!正しい洗濯方法と頻度 多くのご家庭で、レースカーテンと厚手の生地のドレープカーテンの2種類を取り付けていると思います。 窓側から、レース→ドレープの順で取り付けるのが一般的です。 これは、レースカーテンよりも洗濯が大変なドレープカーテンを結露する窓から離し、汚れにくくするメリットがあります。 しかし長期間放置していれば、もちろんドレープカーテンにもカビは発生してしまうので、適正頻度で洗うことが大切です。 まずは洗濯ラベルを必ずチェック! 「洗濯機マーク」か「手洗いマーク」かによって洗い方を選びます。 そこに示されている水温も守りましょう。 また、漂白をする場合、塩素系漂白剤使用の可否を示すマークも必ず確認してください。 レーヨン・麻・綿などの水に弱く、縮む性質を持った素材に多い「水洗い不可マーク」のカーテンはNGです。素材にあわせ、自宅で選択するか、クリーニングに出すか選びましょう。 カーテンを洗う手順 【1】ホコリをはたく。 長く放置したカーテンは、外す前に掃除機を使ってホコリを吸い込みましょう。 生地の吸い混みは、ブラシタイプのノズルに取り換えるか、キッチンの排水溝ネットなどをかぶせると防げます。 上から下へ滑らせるように掃除機をかけましょう。 【2】カーテンレールのフックを全て外す。 フックが付いたままでは、生地はもちろん、洗濯槽も傷めてしまう可能性があります。 洗濯機に入れる前に、必ず全て取り外したか確認を。 【3】カビを洗濯前に落とす。 発生して時間が経ってしまったカビは、洗濯だけでは落ちない場合があります。 カビを落とすときは、タオルの先に熱いお湯を含ませてふき取りましょう。 ご家庭にある、手の指を除菌するためのアルコールやエタノールをつけた綿棒で優しく叩いてもOKです。 【4】洗濯の手順…

Read More
【おそうじマスターズコラム】お仏壇や神棚をキレイに保つ!お掃除で気を付けたい準備とポイント

【おそうじマスターズコラム】お仏壇や神棚をキレイに保つ!お掃除で気を付けたい準備とポイント

お仏壇や神棚をキレイに保つ!お掃除で気を付けたい準備とポイント お家の中で、仏さまやご先祖様をお祀りする小さなお寺・お仏壇や、神様をお祀りする小さな神社・神棚のお手入れ。 いったい自分のやり方が正しいのか、と改めて聞かれると、なかなか自信は持てませんよね。 お仏壇や神棚のお手入れは、日頃見守ってくれているお仏壇や神棚に敬意を払うことはもちろん、デリケートな素材を傷つけないよう気を配ることも欠かせません。 今回は、大切なお仏壇・神棚をキレイに保つ、お手入れのポイントをご紹介します。         お仏壇、神棚のお掃除で共通の注意点 お仏壇・神棚ともに、お掃除をするとき気を付けたい注意点が3つあります。   お掃除の前と後にはご挨拶を お仏壇はご先祖様、神棚は神様を祀っている神聖な場所です。 お掃除前には手を合わせ「今日はお掃除をさせていただきます」、掃除後には「お掃除終わりました」とご報告する心構えも大切です。   布やクロスは普段づかいのものと分けましょう お仏壇や神棚のお手入れに使う道具は、柔らかい毛ばたきや筆、シリコンクロスや綿布など柔らかい布、ロウ除去液、白手袋、綿棒など。 普段のお掃除で使っている布は避け、清潔なものを用意しておきましょう。 お仏壇掃除専用の毛ばたきや筆、ロウ除去液などお手入れ用品は、仏壇・仏具店で購入できます。   お掃除前に、お仏壇・神棚の写真を撮影しておきましょう お仏壇の仏具、神棚の神具を外すような大がかりなお掃除は、年に数回が目安です。 普段から見る機会も少ないので、以前の配置が分からなくなることも。 元通りに戻せるか不安な場合は、あとから飾り方を確認できるように写真を残しておくと便利です。       お仏壇のお掃除方法 お仏壇の位牌や仏具をすべて取り出すような本格的なお掃除のタイミングは、春と秋のお彼岸前とお盆、そして年末年始。できるだけ、年に2回はお手入れするようにしましょう。 中までお手入れするときは、手の油脂や指紋で汚さないように白手袋をしてから大切な位牌や仏具を取り出します。 お仏壇には、主に黒檀や紫檀の木目を生かした「唐木仏壇」と、漆や金箔の施された「金仏壇」の2種類があります。 とくに金仏壇の金箔や金粉部分はデリケートです。直接触れたり、布でこすれば跡が残ったり、はがれ落ちてしまうこともあるのでご注意ください。 溜まったホコリを落とすように毛ばたきをかけてから、線香やロウソクの煙が付く場所や、普段から手で触れやすい扉は柔らかい布で乾拭きを。 また、金属を使っている部分も、指紋(油分)や手汗がサビの原因になります。水は使わず、白手袋の着用してお手入れしましょう。 仏具のお掃除でロウソクを立てる燭台にロウが固まっている場合は、市販のロウ除去液が便利。液をつけるだけで簡単にロウが取れます。 仏具に金箔や金粉を使った部分も、触れないように気を付けましょう。      …

Read More
空きスケジュール速報(~11月3日)

空きスケジュール速報(~11月3日)

こんばんは。 おそうじマスターズの岩角です。 10月も残すところ3日・・・ とにかく、早く時の経つ日々ですね。   今週末もお陰様で全車両出動!!!   ありがとうございます。   近日の空きスケジュールは以下の通りです。 急遽空きが出るケースもあるので   まずはお気軽にお問合せくださいませ。   0120-95-9803 info@osoujimasters.com     10/31(火曜) 12時 深瀬&梅原 @戸塚区~ 11/1 (水曜) 13時 深瀬@都筑区~ 11/2 (木曜) 15時 飯田店長チーム(3名)@西区~ 11/3(金曜) 終日 2名 キャンセル空き発生!    

Read More
【おそうじマスターズ店長コラム】除菌&消臭!お部屋掃除に万能なアロマスプレーの作り方&アロマの選び方

【おそうじマスターズ店長コラム】除菌&消臭!お部屋掃除に万能なアロマスプレーの作り方&アロマの選び方

除菌&消臭!お部屋掃除に万能なアロマスプレーの作り方&アロマの選び方 自然の芳香療法としてヨーロッパで発祥したアロマテラピー。 その療法で使われているオイルは、今では癒しアイテムとして多くのご家庭で親しまれています。 とくに100%天然素材で環境にやさしいエッセンシャルオイルは、お子さんやペットのいるご家庭でも安心して使える便利なアイテムです。 今回はそんなエッセンシャルオイルを使った除菌スプレーの作り方と、お掃除用にオススメのオイルをご紹介します。   キレイ+癒しの香り!お掃除万能アイテム「アロマスプレー」の作り方 プシュと吹きかけて拭くだけで、キレイにしながら香りをプラスできるアロマスプレーはお掃除アイテムとしてとてもオススメです。 【簡単♪アロマスプレーの作り方】 ■用意する道具 ・スプレーボトル ・ビーカーや計量カップなど ■材料 ・エッセンシャルオイル(精油):20滴 ※お好きな種類をお選びください、ブレンドも可能です ・精製水:40ml ※軟水のミネラルウォーターでも代用可 ・無水エタノール10ml 材料を加える際は、計量カップやビーカーで正しい分量を量りましょう。 スプレーボトルに上記の材料を全て加え、よく振って混ぜ合わせれば完成です。 【オイルの選び方】 基本的に、アロマテラピー用のオイルは2種類あります。 ・100%天然由来の成分(植物・果実)で作られている「エッセンシャルオイル(精油)」 ・エッセンシャルオイルに人口香料を加えた「アロマオイル」 精油=アロマオイルというイメージを持っている方もいるかもしれませんが、じつはまったく別種類なのです。 価格的にはアロマオイルの方が比較的安価ではありますが、カラダにやさしいものを選びたいのであればエッセンシャルオイルを使用するのがオススメです。 【容器の選び方】 スプレーボトルには、オイルが劣化しにくい遮光ビンを選ぶのがベストです。 価格的にお手軽なプラスチック製を選ぶ際は、アルコール(エタノール)に対応できるプラスチック(PE、PP、PVC、PET)を選びましょう。 【使用する際の注意点】 エッセンシャルオイルでも体調・体質によっては合わない場合もあります。 とくに身体が敏感になる妊娠中・病中・病後は注意が必要です。万一体調に影響が出た場合は、すぐに使用を控えましょう お掃除用にオススメのオイル お掃除用として使いやすい殺菌・消毒・消臭作用のあるオイルをご紹介します。 【ラベンダー】 殺菌や消毒の作用から、古代のローマでは洗濯にも用いられていたラベンダーは、防虫対策としても使われていました。色々なオイルとも混ぜやすく、初心者にもオススメのオイルです。 【ユーカリ】 のど飴や・うがい薬の成分にもよく使われているユーカリは、殺菌・消毒の効果に加え、女性ホルモンのバランスを整えてくれる嬉しい効果があります また、集中力を高めてくれる効果も期待されるオイルです。 【オレンジ・スイート】 油汚れを分解する成分「リモネン」が含まれているオレンジ・スイートは、キッチン周りのお掃除で役立つオイル。親しみやすい香りなので、お子さんがいるご家庭でも使いやすいです。 香りも楽しめるアロマスプレーなら、毎日のお掃除が気分転換に!…

Read More
【おそうじマスターズ店長コラム】重曹だけじゃない!身近な調味料・食品を使って汚れをキレイに落とす裏ワザ

【おそうじマスターズ店長コラム】重曹だけじゃない!身近な調味料・食品を使って汚れをキレイに落とす裏ワザ

重曹だけじゃない!身近な調味料・食品を使って汚れをキレイに落とす裏ワザ   身近な素材を使ってお掃除するナチュラルクリーニングでおなじみのアイテムといえば、重曹、クエン酸、お酢。 しかし今回注目するのは、意外と知られていないナチュラルクリーニングの素材達です。 どのご家庭でもある身近なアイテムを使ってできる、カンタンお掃除術をご紹介します。     片栗粉+漂白剤を15分放置!浴室の汚れを手間なくピカピカに 湿度が高いと固まる片栗粉の性質は、じつはお掃除にも使える万能アイテム。 お風呂場に発生する水アカ・黒カビ・ぬめり等の汚れをカンタンに落とすことができます。   【準備するもの】 水溶き片栗粉(大さじ3) 漂白剤(45cc) 手袋 【手順】 (1)手袋を着用し、片栗粉と漂白剤をペースト状になるまで手でかき混ぜながら練り込む (2)浴室の黒かびが目立つ箇所に、上記で練り合わせたものを塗り15分放置 (3)最後に50℃以上のシャワーで洗い流せば完了です   汚れを吸収した状態で固まりますので、最後に洗い流すだけでピカピカの状態に! もしも汚れがヒドイ場合は、30分以上放置しましょう。   掃除が難しい畳には付着性のある粗塩が便利 溝のある畳はチリやホコリが溜まりやすく、お掃除するのは一苦労。 そこで役立つアイテムが、付着力と吸水力を持つ「粗塩」です。 通常の塩よりも大きい粗塩は掃除機でも吸いやすく、お掃除アイテムとしてとも便利な調味料なんです。 【手順】 (1)粗塩を畳に撒いていきます (2)布団たたき等で畳を叩き、塩に汚れを付着させやすくします (3)最後に塩を撒いた箇所を、畳の目に沿って掃除機で吸い取っていきます 粗塩は畳掃除以外にも、まな板の汚れ、グラス・急須にへばり付いた茶渋等にも効果があります。     調理後に余った食材達もリサイクル!キッチン掃除のアイテムに大変身 調理後に残り、使い道がなく捨ててしまう食材たち。 その中にも、じつはお掃除アイテムとして使える便利な素材が隠されています。   ・ジャガイモの皮×シンク周り ジャガイモの皮に含まれているサポニンは、水に混ぜると石鹸のように泡立つ働きを持つ成分です。…

Read More
【おそうじマスターズコラム】知らない間に繁殖するカビ・アカ…トイレタンクの丸ごとお掃除テクニック

【おそうじマスターズコラム】知らない間に繁殖するカビ・アカ…トイレタンクの丸ごとお掃除テクニック

知らない間に繁殖するカビ・アカ…トイレタンクの丸ごとお掃除テクニック 普段から使うトイレは汚れが目立ちやすく、小まめにお掃除されているご家庭も多いでしょう。でも、なかなか手が回りにくいポイントが、トイレの後ろのトイレタンクです。 トイレタンクはカビや水アカによる汚れが増殖しやすく、やがては悪臭の原因にもなります。 いくら掃除してもトイレの臭いが消えないときは、もしかしたらタンクの内部に汚れが溜まっているのかも。今回は、お掃除でも見落としやすいトイレタンクのお掃除テクニックをご紹介します。」 タンクの手洗い部分の固まった水アカを、カンタンに落とす方法 多くのトイレタンク上に備え付けられている蛇口、じつは手洗い専用として取り付けられているのをご存知ですか?正式名所は「手洗い管」と言い、トイレタンクに貯水を利用しています。 一般家庭ではトイレと洗面台の部屋が分けられていることが多いので、家庭用トレイのタンクは手洗い管付きのタイプが主流です。 その手洗い管、じつは水アカ汚れが固まりやすいポイントでもあります。 そのままこすっても落ちにくい、固まってしまった水アカ汚れは、アルカリ性の洗剤を汚れが目立つ箇所に塗布してから10~20分程度つけ置きしましょう。その後はスポンジで軽く擦るだけで、汚れをカンタンに落とすことができます。   放置するだけでトイレタンクの中を丸ごとキレイにする裏ワザ 常に湿気が高く、黒カビや雑菌の繁殖しやすいトイレタンクの内部も、できれば定期的にキレイにしておきたいポイントです。 徹底的に掃除するならパーツを取り外してメンテナンスをする必要があり、一般のご家庭では難しいもの。そこでオススメなのが、トイレタンク内に「重曹」を入れておくだけで定期的にお掃除するカンタン裏ワザです。 その方法は、トイレタンク内に重曹を1カップ(約200cc)入れて、6時間以上そのまま放置するだけ。最後にトイレの水を流せば、汚れと一緒に重層も流れています。 重層はカビや水アカ等の汚れを落とす効果だけでなく、消臭効果もありますので、まさに一石二鳥なカンタンお掃除術なのです。 重曹を入れてからの放置時間が短すぎると効果が半減してしまうので、長時間トイレを使わない通学・出勤や寝る前に入れておくのがオススメです。月に一度を目安に定期的にメンテナンスすれば、トイレタンクの中を清潔に保つことができます。 トイレタンクのフタが軽いプラスチックでできているタイプのトイレなら、真上に持ち上げるだけで開きます。 ですが、トイレタンクのフタが重いホウロウ引きのタイプのトイレは注意が必要です。ムリに持ち上げようとすれば、故障やケガの原因にもなりかねません。お掃除の前に、必ず水回りやハウスクリーニングの専門家に相談するよう心がけましょう。 長いあいだ放置していたトイレタンクのしつこい汚れのお悩みは、ハウスクリーニングのプロ「おそうじマスターズ」までお気軽にお問い合わせください。 ・気がついたら黒カビだらけ ・いくら掃除をしても臭いが消えない ・トイレの汚れがひど過ぎてもうお手上げ プロのお掃除技術で、複雑なパーツを一つ一つ丁寧に分解し、ガンコな汚れをキレイに落とします。

Read More
【おそうじマスターズコラム】夏こそピカピカにしたい!足の垢でベタつくフローリングのお掃除術

【おそうじマスターズコラム】夏こそピカピカにしたい!足の垢でベタつくフローリングのお掃除術

夏こそピカピカにしたい!足の垢でベタつくフローリングのお掃除術 フローリングの床を裸足で歩くととても気になる、ベタつく汚れ。放っておくと、やがてはカビやワックスを劣化させる原因にもなります。 フローリングのベタつきは、足裏の皮脂による油汚れが主な原因。皮脂汚れが時間経過で酸化すると、カンタンには落とせない、ガンコな汚れになってしまうため、とくに汗を多くかく夏の季節はいつも清潔な状態を保ちたいもの。 もし、ドライシートで乾拭きしても、雑巾で水拭きしても、なかなかフローリングのベタつきが消えない場合は、皮脂が酸化してしまっているかもしれません。 そこで、フローリングのしつくいベタつきを簡単に落とせる、夏こそオススメのフローリングのお手入れ方法をご紹介します。 頑固にベタつく皮脂汚れもサッと拭くだけ!フローリングのお掃除術 【準備するもの】 ・マスク ・新聞紙 ・フローリングワイパー ・ワイパー専用のドライシート ・雑巾 ・中性洗剤水 ※中性洗剤水を作る際は、バケツいっぱいの水に中性洗剤を小さじ1杯分入れて溶かせばOKです。食器用の中性洗剤でも可能です。 【お掃除の手順】 1.掃除用ワイパーで天井に溜まったホコリを落としていきます(ホコリ対策にマスクを着用し、家具に落ちないように新聞紙などをかぶせましょう) 2.壁についたホコリを、ワイパーで使用したドライシートを使って拭いていきます 3.皮脂汚れを吹く前に、フローリングの隙間に入っているホコリ等を掃除機でキレイにします 4.フローリングのベタつきが気になる箇所を中心に、中性洗剤水をかけ、硬く絞った雑巾で拭けば完了です!ベタベタの皮脂汚れがスッキリ落ちます 【お掃除の注意点】 酸性の汚れ落としでは、アルカリ性の洗剤や重曹が定番です。でも、フローリングのお掃除ではワックスまで剥がしてしまうことがありますので、なるべく使用は避けましょう。 プロの技術でムラなく徹底洗浄&住まいの環境に合わせたワックスでコーティング 多くの住まいの床材に使われているフローリング。一度汚れが染み付くと目立ちやすく、また間違ったお手入れをしてしまうと、柔らかい木材に傷やシミをつけてしまうこともあります。 フローリングのお掃除にお悩みの際は、ハウスクリーニング専門店「おそうじマスターズ」にご相談ください。 横浜・川崎を中心とした対応エリアで年中無休、お見積もりは無料で承ります。 しつこい汚れもプロの技術ですっきり落とし、最後にフローリングの材質にあわせたワックスで、ムラなく輝きを取り戻します。 引っかきキズや凹み等の補修も対応しています。子供やペットのいるご家庭や、賃貸住宅で床を傷つけてしまったときも、お気軽にお問い合わせください。

Read More